ハッピーポータル

幸せへの物語を綴る前向きな日乗(時々)


岡山後楽園の歳時記 2008年 冬号

岡山後楽園の雪景色をお伝えするページ

岡山後楽園の雪景色 2008.2.24
画像は2008年2月24日(日)の朝9時前後、岡山後楽園の雪景色をデジカメ描写したもの。

10年ほど前、冬の兼六園(石川県金沢市)を訪れ、名園の雪の風情に感動した記憶が鮮明に。

さて、フラッシュを焚くべきだったのか…。

庭園の美を演ずる曲水上流の、水車の川霧の描写が叶わない。 水の上に湯気が漂う幻想的な光景を、是非、お届けしたかった……。

シャッターチャンス! 岡山後楽園 2008.2.24
巨岩を砕いて運び、組み直したという大立石(おおだていし)や意味深な陰陽石(おほほ石)など、

園内ウォークを楽しくさせる大小様々な石と石造物。

中でも人気の高い丸型モニュメント、こじんまり写真に納まる、茶目っ気たっぷりのこの石灯籠。

岡山後楽園の観光パンフレットで目にした方も多いはず。 カメラファンなら必撮の、後楽園のシャッタースポット。 雪の風情で最高♪

雪風情の紅白梅と岡山城 2008.2.24
千入の森(ちしおのもり)を蝋梅(黄色い花を咲かせる中国原産の梅)右手にぐんぐん進み、

まもなく岡山後楽園の梅園が見えてくる。

白梅・紅梅隙間を埋める、借景演ずる岡山城。

そんな自然のスーパーモデル(被写体)を独り占め。 アイドルでもスーパーカーでもないけれど、こんなチャンスはそうはない。

岡山後楽園の雪化粧、宜しければ!!)

季節が恵むライブな撮影スタジオ、そんな感じがしてきたり。 さて、特別名勝 岡山後楽園に感謝を込めて、次のイベントをご紹介。

「春の後楽園祭(ひな祭)」 2008年3月1日(土)-3月3日(月) しかも3月2日(日)は開園記念日(明治17年3月2日)で入園無料とこの上なし。

是非この機会、岡山後楽園に魅せられてくださいネ。

美咲町農村体験プログラムって!?

地域資源活用に関するご紹介のページ


“地域資源活用認定企業展示会のご案内”と記されたチラシを頂いた。 昨年の地域資源活用支援アドバイザー応募によるものか……。

期間 平成20年3月3日(月)-14日(金) 9:30-18:00(土日は除く) 会場 経済産業省本館1階ロビー 展示内容 地域資源活用計画等

中小企業ビジネス支援検索サイトJ-Net21 ※ 概要などは資源活用チャネルにて

そうしてこれも何かのご縁。

パンフレット裏面に見てしまった「21 岡山県 美咲ファイネスト株式会社」の文字。 岡山県と聞き、紹介せずにはいられない。

該当Webサイトの「自然とふれあいから生まれる人間力」というキャッチに目が止まる。 恵みの里山と、心のどけき田園風景。

そんな棚田や畑をレンタルするサイト。 しかも年間契約料が8万円だとしたら、思わず閲覧してしまうのではなかろうか……。

参照リンク 美咲 農村ルネッサンスクラブ

さらに食の安全・安心が学べる収穫のみならず、アートセラピストによる創作体験までサポートしてくれるヒーリングの一面も。

岡山県久米郡美咲町という第二のふるさとを、ブックマークしてみては? 都会が忘れた“のどかさ”を、きっと想起できるはず。

岡山県の大自然に是非、しびれてくださいネ♪

祝!! FJN フード・ジャパン・ネットワーク(Food Japan Network)開設

フードジャパンネットワークを応援するページ


2008年2月14日、地方で頑張る料理店・シェフ・生産農家・漁業者さんのお役立ちWebサイトが新規に開設されました(嬉)。

略称は「 FJN 」。 正式名称は「 フード・ジャパン・ネットワーク(Food Japan Network) 」という名の食文化をサポートするサイト。

その目的は 1. 一次産業と連携した料理店の紹介、2. Webリサーチによる生産者支援ネットワークの形成、3. 地方自治体等との連携など。

富士通 秋草会長と全国農業協同組合連合会 柳澤代表が幹事を努め、ミスター円こと為替で有名な早稲田大学教授 榊原氏も幹事の一員。

ちなみに主力コンテンツ「厳選!地方の料理店(店舗情報)」の筆頭は、アグリ・ツーリズモにこだわる和歌山県の「ヴィッラ・アイーダ」。

今後、毎月レストラン2店をこのコーナーで紹介し、

「中長期的にはミシュラン(ガイド)を目指し、遠くまで出かけて価値のある店を掘り起こしたい」と嬉しい目標を掲げているそうな。

なればこそ、地方で頑張る料理店・シェフ・生産農家・漁業者さんは今スグ参加表明を! 有効に活用しないソノ手はなさそうです。

日本食の飯屋、いな、メシアはこのWebサイトかも!? 「 FJN

第3回 ロハスデザイン大賞2008 公募エントリーしました!!

ロハスデザイン大賞2008 エントリー報告のページ


地球環境保護と人間の健康を最優先するロハス。 人類が共存共栄できる持続可能な社会のあり方を追求するロハス。

そんなロハスを広めるためのイベント、第3回 ロハスデザイン大賞2008 は今年も新宿御苑(東京都)で開催の予定です。

さて、ロハスデザイン大賞エントリーは公募型。

ライフ・スタイルをロハスに変えられる「ヒト」「モノ」「コト」と、応募の間口が広くて嬉しい3部門( 詳しいことは ロハスクラブHP )。

さっそくブログ『幸せへの一歩』で「コト」部門へ応募したところ、公募エントリー一覧に掲載頂くこととなりました(嬉)。

ロハスな岡山県の良さをお伝えできたらしめたもの。

と、執筆モチベーションを上げつつ、ロハスな意識をお持ちの企業・個人のエントリーを促す次第。 合言葉は「岡山を人気者に!」。

下津井(岡山県倉敷市)メバルが旨すぎて!?

下津井メバルをブランディングするページ

下津井メバルのアクアパッツァ(魚介の水煮)
魚の旨味がストレートに染み出す アクアパッツァ(魚介の水煮) をつくったところ、

言葉を失うほど旨かった(嬉)。 すべては絶品の、下津井メバル(都会ではカサゴ)のお陰さま。

そう、下津井(しもつい)漁港はブランド蛸の名産地。

ほかにも鯛やヒラメが舞い踊る、極上の海鮮ブランド。 瀬戸内海のキュッとくびれた海図を見れば、旨さの秘密を直感してしまう。

大きな地図で見る

起伏に富んだ瀬戸内の海底は、魚にとって絶好の餌場。 しかも早い海流が魚の身を引き締める。 「旨いのは当たり前!!」 なるほど。

そんな好漁場の岡山ではメバルをウキソや黒メバルと呼び、一般的なカサゴを赤メバルと呼んでいる。 赤に黒、メバルだらけの岡山……。

ほかにも 岡山の諺(ことわざ) に下津井メバルが登場。

ひとつはビッグマウス(口だけは達者)を揶揄するものと、見た目は悪いメバルもビックリするほど味は良い! の意を比喩したものも。

前者のガッカリ系に対して、後者は嬉しいサプライズ系という点で面白い。 できれば後者のメバルのようなブログを綴りたく……(汗)。

さてさて、メバルはもとより高級鮮魚がピチピチ獲れる瀬戸内海に臨む岡山の、観光ついでに味覚のサプライズ体験を お忘れなく!?

サーチ & ソーシャル・ボタン

カテゴリー・プルダウン
ページ・ビュー数 速報

    スポンサード・リンク ほか
    Social Media / SunVerdir
    Blog パーツほか
    岡山人ブログ|岡山のステキなブログが満載
    月別コンテンツ一覧
    • ライブドアブログ
    ハッピーポータル ソーシャル起業、スタートアップ。健やかな未来のビジネス・アイデアも。