ハッピーポータル

幸せへの物語を綴る前向きな日乗(時々)


神椿(金刀比羅宮の資生堂パーラー) 青春18きっぷの旅路2

岡山〜琴平 JR各駅停車 日帰り旅行のページ

「神椿(カフェ&レストラン)」のエントランス
こんぴらさん本宮参拝の帰り道、

2007年11月1日オープンのパーラー、神椿(かみつばき)の見事な眺望をお裾分けに頂いた。

パーラー神椿とは、もちろん只者じゃない。

あのシャンプー「TSUBAKI」の、あの銀座の資生堂パーラーだ。

「神椿(資生堂パーラー)」のハイコンセプトな壁画
こんぴらさん参道の石段は本宮まで785段。

その2/3のあたり、江戸時代の休憩所と同じ500段目に造られた新茶所の神椿。

花椿を社章とする資生堂が、金刀比羅宮境内のヤブツバキをコンセプトに重ね、コラボレーションすることに。

そんな物語にみるハイ・コンセプト。

こんぴらさんの新茶所「神椿(かみつばき)」の眺望
1階カフェテラスの眺望にうっとりと。

次回は地下1階レストランで料理に魅了されてみたいもの。

コーヒー400円・ケーキセット700円・軽食900円はじめ、プライス設定に嬉しい驚き。

あらためてハイ・タッチ(感動)。

有田焼の壁画に描かれた青一面の清楚なツバキ。 ハイ・タッチな資生堂パーラー神椿の ホームページ は、やはりハイ・コンセプト。 続く…

[ YouTube で見つけた資生堂 TSUBAKI 2007年新春プロモーションCM映像をピックアップ! ご注意)音声あり♪ ]

金刀比羅宮(こんぴらさん)-丸亀城-児島-岡山 青春18きっぷの旅路1

岡山〜琴平 JR各駅停車 日帰り旅行のページ

JR坂出駅の「こんぴらさん」列車と飯野山(讃岐富士)
JR岡山駅から高松(四国 香川県)行きのマリンライナーに乗り、

美しい海を眼下に瀬戸内海を渡って初めて、金毘羅宮(こんぴらさん)を参拝に。

ここで乗り換え、JR坂出(さかいで)駅の3番ホーム。

実は昨晩、寝床についた頃から

「 こんぴら船々 追風に帆かけて シュラシュシュシュ まわれば四国は 讃州那珂の郡 象頭山 金毘羅大権現 一度まわれば 」

と民謡がすでに頭の中をグルグル巡っていた。 一度まわれば…、50周くらい、いや、100周くらいまわっているのかも……。

785の石段を登りつめ、象頭山(ぞうずさん)の中腹へとたどり着く。 デジカメ片手にJR琴平駅から1時間半が過ぎていた。

素晴らしい眺望を背景に、鎮座される本宮を有難くご参拝。 次は参道を駆け降りる。 丸亀方面行きは11時6分だ。 続く…

[ YouTube よりJR瀬戸大橋線 開業当時の懐かしい映像をピックアップしました! ご注意)大きめの音声あり♪ ]

豚肉ブランド ハイ・コンセプトな みやじ豚.com

注目のブランド豚肉のページ


2008年1月15日、キーワード「ブランド豚肉」をグーグル検索すると、上から6番目のサイトで『知多ハッピーポーク』に遭遇。

小職ブログ「ハッピーポータル」からして他人の気がしない。 さておき、検索結果数はキーワード「ブランド牛肉」の約半分。

豚肉ブランド化の遅れがみてとれる。

さて今日は、湘南豚として豚肉のブランド確立に大きな一歩を踏み出す、赤丸急上昇中の「みやじ豚.com」を紹介したく。

畜産業の明日を担う若きリーダーはブログで語る。 『新一次産業』の成功モデルを「みやじ豚」で実現するために日夜奮闘中。

かっこ良くて・感動があり・稼げる3K産業として、農業が魅力的な産業であることを訴える。 うん、もの凄く素晴らしい……。

最先端の仮説・検証もさることながら、実践という彼のたゆまぬ努力の結果にしびれてしまう。 どうみたって旨いはずだ。

しかもWeb構築の手順は、まずはブログを育てて土壌を作り、その後、揺るぎないホームページを確立させる見事な戦略。

確固たるグランドデザインと、圧倒されてしまうクレバーな思考。 知らず知らずファンとして取り込まれていたわけだ。

そんな畜産業の次世代リーダー、みやじ豚.comの偉大な小倅は、今日もストレスなく伸び伸び育つ豚達の世話に奔走中!?


ブログ【 みやじ豚.com
噂のWebサイト(ホームページ)【 みやじ豚.com

農林水産・畜産業のお手本のみならず、中小企業・起業家のWeb戦略を実践から教えてくれる指南書のような湘南のサイト。

さてさて、ベタ褒めするなら注文を。 ということで本日、オーダーしたところ(興)。 この続きは レポートレシピ でネ♪

環境問題に取り組むなら良質のWebサイトから

環境関連のWebサイト探しのページ


深刻化する地球環境問題。

さっそく環境に関するインターネット上のウェブサイトをグーグル検索してみると、積極推進しているページに遭遇。

(※ 2008年1月14日調べ)

1. キーワード「環境」でヒットした最上位Webは『環境goo』。

goo
 なるほど柔軟なリンク対応も。

2. 続いてキーワード「エコ」の最上位Webは『EICネット(環境情報普及センター)』(連絡手間があるためリンクは割愛)。

3. キーワード「地球温暖化」ではどうだろう。 あの『Wikipedia(ウィキペディア)』が最上位に鎮座。 キーワード「環境問題」もそうだった。


さて、群雄割拠するネット検索エンジンの上位争いにおいて一部を除き、積極的でホスピタリティ溢れる親切サイトがずらりと並ぶ。

その中「JCCCA(全国地球温暖化防止活動推進センター)」を紹介したく。 地球温暖化の定義と取り組みに特化した専門サイト。

全国地球温暖化防止活動推進センター(JCCCA)リンクバナー



さらにもうひとつ、本日のメイン・イベントを。 ご紹介したくなるページは同じくJCCCAの温暖化防止プログラム↓↓。
ストップ温暖化大作戦 リンクバナー



↑↑地域の創意工夫でストップ温暖化を進めるグランプリ方式のイベントです。 もちろん一歩はバイオマスに投票したところ。

良質な環境Webサイトで知識を重ねて高まるエコ意識! そんなチョットした活動で始まるエコ参加♪ これってオススメかも!?


1/14追伸 ネットサーフィンで見つけた必読ecoサイト

eco-blog 環境エンジニア 拓也のエコ日記!

30秒で世界を変えちゃうWEB新聞 TEAMGOGO!

「岡山の先生」 日経新聞コラム 交遊抄 2008.1.8

珠玉のコラムを書き留めるページ


岡山の先生と聞いて想起するのは「メザシの土光さん」。

第4代 経団連会長を務めるなど戦後、昭和の高度経済成長を通して日本経済を牽引くださった 土光敏夫先生 だ。

そうして先日、「私の履歴書」が楽しみな日経新聞の最終頁、文化面の中ほどにある「交遊抄」に目が留まり。

一歩が密かに私淑する SBIホールディングス最高経営責任者 北尾吉孝(きたおよしたか)氏のコラムそのもの。

北尾氏といえば2005年、ニッポン放送買収に際してフジテレビのホワイトナイトとして広く知られた時の人。

無味乾燥感を払拭できない証券業界にして冷静沈着な論理的思考だけでなく、論語の高邁な精神を備えた御仁。

剛速球をズバッと投げ込む、そんな力ずくで理不尽なイメージ漂う北尾先生は、「得」ならぬ「徳」を重んずる。

あのソフトバンクの総帥 孫正義氏が北尾氏を、「北やん」と呼んで絶大の信頼をおく「北やん逸話」に頷く次第。

その北やん先生の先生が岡山にいらっしゃる……(嬉)。

(北尾先生の著書 ・何のために働くのか ・人物をつくる―真のリーダーに求められるもの (PHP文庫 (き17-1)) by Amazon.)

ダライ・ラマ14世「自分のしたいことが、自分の知らぬうちに人の役に立っている形になるまで」という言葉に感銘。

その賢人こそ、林原グループ の総帥 林原健社長とお聞きした(参考図書 ・独創を貫く経営 私の履歴書 by Amazon.)。

人格陶冶された岡山の徳人を北尾先生のコラムで知り、講演機会などあれば必ず拝聴すべしと思う今。

珠玉のコラムが嬉しい岡山にて。

サーチ & ソーシャル・ボタン

カテゴリー・プルダウン
ページ・ビュー数 速報

    スポンサード・リンク ほか
    Social Media / SunVerdir
    Blog パーツほか
    岡山人ブログ|岡山のステキなブログが満載
    月別コンテンツ一覧
    • ライブドアブログ
    ハッピーポータル ソーシャル起業、スタートアップ。健やかな未来のビジネス・アイデアも。