ハッピーポータル

幸せへの物語を綴る前向きな日乗(時々)


コンテクストSEO理論、レシピmomo.モデル検証。 ( 10頁 )

文脈SEOに関する仮説検証シリーズの10ページ

『 レシピmomo. 』 トップページ画像
「 言葉遊びを生む、文脈。 」

前頁では、ステルスSEOなる言葉を持ち出し、またもや遊んでしまいました。

そこで今号は、何度となく横道にそれていかないよう、文脈についてもう一度、学習したいと思います。

その前に、SEOに関心の高い読者様も多いと推察し、ウェブカタログに掲載頂いた『レシピmomo.』のアクセス推移を公開して、データ解析遊びをしようかと。 遊びながら考えるグーグル社をイメージして今暫く、お付き合い願えれば幸いです!?

[ 下図の上段は、レシピmomo.(2009年4月1日-7月15日)。 下段は、幸せへの一歩(2008年7月15日-2009年7月15日)のアクセス推移。 ]

Analyticsデータ推移比較 (2008.7.15-2009.7.15)☆ 6月16日、レシピmomo.は、YAHOO!カテゴリに掲載頂き急騰。 急落後に再度、急騰。 上昇トレンド移行の観測あり。

IPO(新規株式公開)直後の株価推移を彷彿とさせる、不確実性の中に希望を観てしまい。 但し、実践による未来の創造しかなく、推移予測に意味はなく。

その一方で下段、幸せへの一歩のアクセス推移は、漸減傾向。 2008年5月-9月も似たようなチャートではあるものの、上段のレシピmomo.の上昇トレンドとの連環がありそうに感ずることしばし。 2009年9月頃、比較(検証)しようと思います。

親子サイトの評価や如何に、検索アルゴリズムの性質を見極めに。

( 直近のアクセスデータ推移を比較するための簡易ツールとして、YAHOO!ログール版『幸せへの一歩』、『レシピmomo.』の閲覧をご提案致します。 )

『 レシピmomo 』 目次ページ画像
「 コンテクストSEOを可視化する 」

文脈――。 文における個々の語または個々の文の間の論理的な関係・続き具合。コンテクスト(goo辞書「大辞林 第二版」より)。

コンテクストSEO――。 検索エンジンが理想とする、なりたい人物像は、一般的な知識人ではなかろうか。 コンテクストSEO理論(5頁)において、このような仮説を立てました。 検索エンジンに慣れた人なら、放っておいてもキーワードを使い分け、自らカスタマイズを施し、必要とする情報に素早く辿り着く。

一方、不慣れな人(一般的な知識人)に対し、検索エンジンは、検索アルゴリズムの粋を集め、必要と思しき情報を類推し、応答しようと考える。 そうならば、なりたい人物像は、一般的な知識人(不慣れな人)ということになる。

一般的な知識人に紹介すべく最適なWebページは、一般的に理解され易い平易なそれであるはずだ。 辞書の“文脈”に記された、― 文における個々の語または個々の文の間の論理的な関係・続き具合 ―という部分。 意味の疎通という点において、ほぼ、セマンティック・ウェブの概念に近いと直観してみたり。

約30年前には、WWWの基礎概念を構想していたというティム・バーナーズ=リー氏。 計算機科学者というより、哲学者と呼ぶほうが適切ではないかと慮る只今。 実践論から哲学領域に入りそうで、今日の私は、もはやギブアップ(汗)。


『コンテクストSEO理論、レシピmomo.モデル検証』10頁は、ここまで。

ウェブ社会を直観的に実感している方々とともに、コンテクストSEO理論の演繹的推理を展開することが本望と考え、次号に続けて参ります。

コンテクストSEO理論、レシピmomo.モデル検証。 ( 9頁 )

文脈SEOに関する仮説検証シリーズの9ページ

『 レシピmomo. 』 トップページ画像
「 ウェブ社会のステルスなお話 」

前頁では、脈絡SEOというシグナリングのためのキャッチを捻出しておりました。

さらに今号は、ステルスSEOと呼びたし、見えない検索エンジン最適化につきまして。

ウェブカタログに掲載頂いた『レシピmomo.』のアクセス解析データが落ち着くまで、コンテクストSEO理論の検証から脱線するのですが、今しばらくウェブ社会の新しいビジネスプロモーションに関し、論述したいと思います。

ウェブ社会の自分ポータルサイトの小噺も宜しければ。

『 レシピmomo 』 目次ページ画像
「 脈絡SEOを可視化する 」

脈絡――。 一貫した筋道。すじ。つづき(goo辞書「大辞林 第二版」より)。

脈絡SEO――。 一貫した筋道を歩むサイトは検索エンジンに評価され易い、コンテクストSEO理論(8頁)で立てた仮説。

ここで謂うインターネット上の“一貫した筋道”に関し、ページランクの動作概念図をご参照願いたく(もう、お察しのことと存じます)。 ウェブサイト評価アルゴリズムにおいて検索エンジンは、どこから貼られたリンクを重要視するのか。

私の場合、あるWebサイトを評価しようとした時、まず、サイト運営者のプロフィールやコラムを探します。 サイト制作の目的は、今後の運営方針は何か、理念や想いなど発想の源流はどういうものか。 その思考によって判断したく。

一貫した筋道を歩むサイトを私は、反射的に高く評価してしまう。 一方、いかに美しいデザイン、喧伝力の強いレイアウトであろうとも、ページランク動作概念図のリンク先に違和感を覚えた時、当該サイトより静かに立ち去ることになる。

そんな人の行動を検索エンジンが推察しているならば、ウェブ社会の新しいビジネスプロモーションは、Webプロフィール作成を優先すべきかと。 なぜなら、Webプロフィール(こと、Googleプロフィール)は、検索エンジン直轄なのだから。

それは検索エンジンに名刺を渡すのと同義であり、そこに一貫した筋道があるなら両者間に信頼が築かれ、検索エンジンは、運営サイトもプロフィールも他に優先して紹介してくれる。 見えないビジネスマッチングとでも申しましょうか。

思わず“ステルスSEO”と言葉で遊んでみたくなり……。 “ウェブプロフィールのすゝめ”によって案外、ウェブ社会を豊饒にできるかも知れませんね。

( 直近のアクセスデータ推移を比較するための簡易ツールとして、YAHOO!ログール版『幸せへの一歩』、『レシピmomo.』の閲覧をご提案致します。 )


『コンテクストSEO理論、レシピmomo.モデル検証』9頁は、ここまで。

ウェブ社会の到来を直観的に感じている方々とともに、コンテクストSEO理論の演繹的推理を進展できれば幸いと考え、次号に続けて参ります。

コンテクストSEO理論、レシピmomo.モデル検証。 ( 8頁 )

文脈SEOに関する仮説検証シリーズの8ページ

『 レシピmomo. 』 トップページ画像
「 祝、ウェブカタログに掲載!! 」

前頁では、無料のWebサイト解析ツールの有り難さを強調しておりました。

さらに今号では、感謝に堪えない嬉しいご報告からスタート。 子ブログ『レシピmomo.』が、大手ポータルサイト上にてインデックス。 詳しくは、『ウェブカタログに掲載して頂きました。』をご覧ください。

と、いつまでも糠喜びしているわけにはいきません。 そこに浮かび上がった一つの疑問。 なぜ、親ブログはインデックスされないのだろう…。 1日30アクセス程度の子ブログに対し、1日1,000アクセスに達しているにもかかわらず……。

さっそく仮説1.―、親ブログからレシピコンテンツのみを抽出した子ブログ『レシピmomo.』の特化性が評価されたから。 仮説2.―、2009年1月頃より充実させた運営者プロフィールが評価されたことにより。 仮説3.―、偶然ラッキー。

今日は、コンテクストSEO理論の検証から脱線することになるのですが、仮説2.に関し、このところ考えていた漠とした持論を展開したいと思います。

『 レシピmomo 』 目次ページ画像
「 Webプロフィールにみる脈絡SEO 」

宜しければ先般のコラム、『ウェブプロフィールに立てる、アナログSEO仮説。』をご一読くだされると有り難く。

その要旨は、「運営者情報を緻密に記載した(例として、Googleプロフィール等の)Webプロフィールを検索エンジンは高く評価しており、そのページよりリンクした運営サイトは、検索エンジンにより高く評価される」という仮説を立てたもの。

2009年1月、開設したWeb名刺サービス『SBI Business』の有用性に、ウェブ社会における大きな可能性を直感し、放置していた『Google プロフィール』を同年3月に更新。 運営者情報を忠実に記入し、運営Webサイトを同ページに登録。

( Googleプロフィールの氏名検索にみるSEO効果は特筆もの。 ウェブ社会で生き残るビジネスには、セマンティック・ウェブの理解が必須といえそう。 )

Open Directory”“YAHOO!カテゴリ”への掲載を目指し幾度となくチャレンジして叶わなかった親ブログ『幸せへの一歩』2年越しの夢とは対照的に、2009年4月に申請した子ブログ『レシピmomo.』は、約2ヶ月後には登録の運びへと(嬉)。

運営者情報が足りなかった過去は失敗続きであった、と仮定すれば、上述の仮説2.―、Webプロフィールにみる脈絡SEOへと傾いていくわけです。

コンテクストSEO理論の原発想は、“ごく普通の人の感性”を欲するとした検索エンジンの進化論に基づいており、検索エンジンが評価した“書き手◎◎さん”の文章は紹介され易い。 膨大かつ高速にテキストを読み込む検索エンジンが、あーこの文章は◎◎さんの文脈だ、と判断した時、その文献は瞬く間に検索ページ結果の上位に並ぶことになる。 と仮定する、検索エンジン紹介バイアスによる発想。

◎◎さんらしさを判断し得る感性を、検索エンジンが既に身につけているなら、Webプロフィールを渡しておくことがSEOにおいて如何ほど効果的であるか、想像に難くありません。 と、複数の仮説が混じってきたので、休息が必要。

( 直近データの推移を比較するツールとして、YAHOO!ログール版『幸せへの一歩』、および、同『レシピmomo.』の閲覧などをご提案しています。 )


『コンテクストSEO理論、レシピmomo.モデル検証』8頁は、ここまで。

ビジネスを健やかに拡大させようと努める中小零細企業の事業主様にとって、役立つ理論の共有ができれば幸いと考え、次号に続けて参ります。

コンテクストSEO理論、レシピmomo.モデル検証。 ( 7頁 )

文脈SEOに関する仮説検証シリーズの7ページ

『 レシピmomo 』 目次ページ画像
「 Web解析ツールによる比較検証 」

前頁では、レシピmomo.を閲覧くださるペルソナの7割は、ネット検索に長けた主婦の方、OLさんなど、25-44歳の女性ではなかろうか。

そうした仮説を、Google Ad Planner分析データの引用により、半ば強引に検証を進めて参りました。 そんな折、Yahoo!ジオシティーズ会員限定のYahoo!アクセス解析(ベータ版)が2009年5月26日、一般無料公開されたことを知り、さっそく実装。

今後はYahoo!アクセス解析と、GoogleAnalyticsに蓄積されたデータを効果的に比較、応用して、コンテクストSEO理論を科学的?に実証したいと思います。

まずはYahoo!アクセス解析データより、時間帯別ページビュー推移。

『 幸せへの一歩 』 Yahoo!アクセス解析 (2009.5.29-2009.6.04)一週間という短期間のデータながら、平均的に16時-17時にPVピークを迎える事象は、夕食準備のためのレシピ検索による結果と推察したい。


「 Webサイト解析ツール(無償)の多様なデータ 」

ヤフー、無料のリアルタイムアクセス解析ツールの一般公開を開始
”(ITproの記事へリンク)。

2009年5月28日、『幸せへの一歩』『レシピmomo.』ともに解析用のタグを実装。 日を追うごとに両ブログの解析データ比較が楽しみに感じられ。 どんな結果が出ますやら。 データの蓄積に応じて、本格的な推論を始めたいと思います。

Yahoo!アクセス解析 経路分析 (2009.5.29-2009.6.04)図は、ITproで紹介されている「経路分析」。

どのページから訪れ、どのページに遷移したのか、ツリー図でアクセスランキング表示する機能。

それにしてもWeb運営者に向けての無料サービスの進化は、素晴らしくて有り難く。 高性能で多彩な機能に嬉しい驚きも。 報恩感謝の意を込め、あらためてご紹介すべきかと。 Yahoo!アクセス解析(ベータ版)。 

( 直近データの推移比較ツールとして、YAHOO!ログール版『幸せへの一歩』および、『レシピmomo.』なども参考にしてください。 )


『コンテクストSEO理論、レシピmomo.モデル検証』7頁は、ここまで。

中小零細企業の事業主様やスタートアップを志す人達にとって役立つ発見、使える理論の共有ができれば幸いと考え、次号に続けて参ります。

コンテクストSEO理論、レシピmomo.モデル検証。 ( 6頁 )

文脈SEOに関する仮説検証の6ページ

『 レシピmomo 』 目次ページ画像
「 SEO進化論とレシピの連環 」

前頁では、検索エンジンが狙うユーザー像は、2つ3つの単語で検索を行う、ごく普通の一般的な利用者ではなかろうか。

そんな仮説を立てました。 また、SEO進化論なる概念を想定すれば、検索エンジン最適化は、進化するほど行動科学と密接にならざるを得ず、検索エンジン利用者のボリュームゾーンに位置する人をペルソナに据えることになる。

こと、レシピに限定して考えた時、ボリュームゾーンに位置する人は、(ベテランではない)主婦の方々か、ネット利用時間が比較的長いOLさんを想定。 ターゲットは25-44歳の女性となり、ペルソナ設定は、極めて容易になるわけです。

実際、Google Ad Plannerによる『幸せへの一歩』の閲覧者の属性は、(精度は不明ですが)25-44歳ゾーンで7割、女性が7割と、初期の類推にほぼ一致。

と、弾みをつけて今回も、コンテクストSEO理論の確立を目指し、加えてウェブ上の社会実験として貢献できればと願い、検証の継続に努めて参ります。

『 レシピmomo. 』 トップページ画像
「 料理ブログ進化論、レシピmomo. 」

ここ日本では、ブログと聞かば ≒ ウェブ上の簡易日記、と決めてしまいがち。

そう限定してしまうより、日記機能も備えた便利なWebサイト、と捉えるほうが後々、進化向上できると私は考えます。 なぜならアクセス数において、日記を書いても著名人に敵う筈はない。 と思うから。

そこで検索エンジンの力を借りるべく、レシピmomo基本(定型)フォームを考案。 日記ではなく、レシピ創作を開始。 そうした推論に基づく定型性が検索エンジンアルゴリズムにフィットしたのか、1日1,000アクセスに達するようになり。

そしてその時、調理意欲を高めるためのレシピ導入部の記述と、日記的な含みを持たせた編集後記、それら2箇所を割愛したレシピブログ、いわば完璧にレシピ特化のブログを構築すると、どのような結果が得られるだろう……。

そんな起案に基づき、レシピmomo.モデル検証を始めた次第です。

Analyticsデータ推移比較 (2009.4.1-2009.5.26)週末につけるグラフの山により、閲覧者の属性は、OLさんと推察可能。

下図は、レシピmomo。

上記データは、GoogleAnalyticsによる『幸せへの一歩(上)』と『レシピmomo.(下)』のセッション数の推移比較。 レシピmomo.の累積データが不十分のため、両者データ比較にみる解析と本格的な推論は、もう少し先にしたいと思います。

それにしても下図は、IPO(新規株式公開)直後の株価推移という感もあり。 すっと吹き上がって急落。 その後、暫くの底練りを繰り返す。 再度、右肩上がりの急騰をみたいと、願うばかりです。 ( 直近のデータ推移は、YAHOO!ログールによる『幸せへの一歩』および、『レシピmomo.』にて、ご確認ください。 )


『コンテクストSEO理論、レシピmomo.モデル検証』6頁は、ここまで。

次号は、幸せへの一歩のデータ推移に解析を加え、さらに仮説を重ねたいと思います。 未来のウェブ社会に役立つ発見を共有できるといいですね。

サーチ & ソーシャル・ボタン

カテゴリー・プルダウン
ページ・ビュー数 速報

    スポンサード・リンク ほか
    Social Media / SunVerdir
    Blog パーツほか
    月別コンテンツ一覧
    • ライブドアブログ
    ハッピーポータル ソーシャル起業、スタートアップ。健やかな未来のビジネス・アイデアも。