ブログネタ
『 ハッピーポータル 』 に参加中!
文脈SEOに関する仮説検証シリーズの8ページ

『 レシピmomo. 』 トップページ画像
「 祝、ウェブカタログに掲載!! 」

前頁では、無料のWebサイト解析ツールの有り難さを強調しておりました。

さらに今号では、感謝に堪えない嬉しいご報告からスタート。 子ブログ『レシピmomo.』が、大手ポータルサイト上にてインデックス。 詳しくは、『ウェブカタログに掲載して頂きました。』をご覧ください。

と、いつまでも糠喜びしているわけにはいきません。 そこに浮かび上がった一つの疑問。 なぜ、親ブログはインデックスされないのだろう…。 1日30アクセス程度の子ブログに対し、1日1,000アクセスに達しているにもかかわらず……。

さっそく仮説1.―、親ブログからレシピコンテンツのみを抽出した子ブログ『レシピmomo.』の特化性が評価されたから。 仮説2.―、2009年1月頃より充実させた運営者プロフィールが評価されたことにより。 仮説3.―、偶然ラッキー。

今日は、コンテクストSEO理論の検証から脱線することになるのですが、仮説2.に関し、このところ考えていた漠とした持論を展開したいと思います。

『 レシピmomo 』 目次ページ画像
「 Webプロフィールにみる脈絡SEO 」

宜しければ先般のコラム、『ウェブプロフィールに立てる、アナログSEO仮説。』をご一読くだされると有り難く。

その要旨は、「運営者情報を緻密に記載した(例として、Googleプロフィール等の)Webプロフィールを検索エンジンは高く評価しており、そのページよりリンクした運営サイトは、検索エンジンにより高く評価される」という仮説を立てたもの。

2009年1月、開設したWeb名刺サービス『SBI Business』の有用性に、ウェブ社会における大きな可能性を直感し、放置していた『Google プロフィール』を同年3月に更新。 運営者情報を忠実に記入し、運営Webサイトを同ページに登録。

( Googleプロフィールの氏名検索にみるSEO効果は特筆もの。 ウェブ社会で生き残るビジネスには、セマンティック・ウェブの理解が必須といえそう。 )

Open Directory”“YAHOO!カテゴリ”への掲載を目指し幾度となくチャレンジして叶わなかった親ブログ『幸せへの一歩』2年越しの夢とは対照的に、2009年4月に申請した子ブログ『レシピmomo.』は、約2ヶ月後には登録の運びへと(嬉)。

運営者情報が足りなかった過去は失敗続きであった、と仮定すれば、上述の仮説2.―、Webプロフィールにみる脈絡SEOへと傾いていくわけです。

コンテクストSEO理論の原発想は、“ごく普通の人の感性”を欲するとした検索エンジンの進化論に基づいており、検索エンジンが評価した“書き手◎◎さん”の文章は紹介され易い。 膨大かつ高速にテキストを読み込む検索エンジンが、あーこの文章は◎◎さんの文脈だ、と判断した時、その文献は瞬く間に検索ページ結果の上位に並ぶことになる。 と仮定する、検索エンジン紹介バイアスによる発想。

◎◎さんらしさを判断し得る感性を、検索エンジンが既に身につけているなら、Webプロフィールを渡しておくことがSEOにおいて如何ほど効果的であるか、想像に難くありません。 と、複数の仮説が混じってきたので、休息が必要。

( 直近データの推移を比較するツールとして、YAHOO!ログール版『幸せへの一歩』、および、同『レシピmomo.』の閲覧などをご提案しています。 )


『コンテクストSEO理論、レシピmomo.モデル検証』8頁は、ここまで。

ビジネスを健やかに拡大させようと努める中小零細企業の事業主様にとって、役立つ理論の共有ができれば幸いと考え、次号に続けて参ります。

価格.com 自動車保険