文脈SEOに関する仮説検証シリーズの16ページ


「 フェースブックとツイッターと私 」

お早いもので、前頁の投稿より4ヶ月が過ぎました。 アクセス数の伸長、どころかすこぶる調子が悪くて気分が乗らず、レポート作成が遅くなりました。 というのはまやかしで、ずっぽしフェースブックツイッターにハマっておりました(今もハマってます)。 とはいえ残された僅かなエネルギーを絞り出し、ご報告に努めます(汗)


「 長いDL時間の放置で しっぺ返し 」

まずは少し前の2010年4月13日、Web担コラム“ Googleがついに順位決定に表示速度を使い始めた(公式発表) ”を読み、いづれの備えに……くらいに考えておりましたところ5月にかけて(そしてそれ以降も)子ブログ『レシピmomo.』および親ブログ『幸せへの一歩』のアクセス数はともにジリ貧の様相を見せ始め。 それでも放置していた6月後半、「ダウンロード時間が異様に長い(怒)」とパートナーより指摘あり。

重い腰をあげ調べてみると、とあるブログパーツに問題が……。

[ 子ブログ『レシピmomo.』の読み込み時間 ↓↓ ]
DL時間推移(子)4-7月
[ 親ブログ『幸せへの一歩』の読み込み時間 ↓↓ ]
DL時間推移(親)4-7月
上記の2表に共通するのは6月上旬から中旬にかけ、突如サイトの読み込み時間が長くなる様子。 右側サイドバーのある地点でダウンロードが止まることから、とあるブログパーツを取り外したのが(確か)6月26日。 その後、急速に良化。

[ 子ブログ『レシピmomo.』のページビュー推移 ↓↓ ]
ページビュー推移(子)4-7月
[ 親ブログ『幸せへの一歩』のページビュー推移 ↓↓ ]
ページビュー推移(親)4-7月
上記に学ぶ(確信した)ことは“ダウンロード(サイトの読み込み)時間の長大化は検索エンジンの評価(検索結果順位)をダウンさせ、従いPV数はじめ、トラフィックを悪化させる”ということ。 サイト運営する者、DL時間に疎くなってはいけませんネ。

( アクセスデータ推移比較の簡易ツールとしてYAHOO!ログール版『幸せへの一歩』、『レシピmomo.』の閲覧を提案して参りましたが、このたび中止しました )


『コンテクストSEO理論、レシピmomo.モデル検証』16頁は、ここまで。

( 今回はコンテクストSEO理論の検証から外れたテーマについてお届けしておりますが ) Webサイト・アクセスアップの法則を探求する研究者の方々とともに次回は、コンテクストSEO理論仮説の検証を続けたいと思います。

価格.com 自動車保険