Growth Tech Blog

デジタルマーケターの日乗(時々)

┠ ビジネス・アイデア

コンテクストSEO理論、レシピmomo.モデル検証。 ( 10頁 )

ブログネタ
『 ハッピーポータル 』 に参加中!
文脈SEOに関する仮説検証シリーズの10ページ

『 レシピmomo. 』 トップページ画像
「 言葉遊びを生む、文脈。 」

前頁では、ステルスSEOなる言葉を持ち出し、またもや遊んでしまいました。

そこで今号は、何度となく横道にそれていかないよう、文脈についてもう一度、学習したいと思います。

その前に、SEOに関心の高い読者様も多いと推察し、ウェブカタログに掲載頂いた『レシピmomo.』のアクセス推移を公開して、データ解析遊びをしようかと。 遊びながら考えるグーグル社をイメージして今暫く、お付き合い願えれば幸いです!?

[ 下図の上段は、レシピmomo.(2009年4月1日-7月15日)。 下段は、幸せへの一歩(2008年7月15日-2009年7月15日)のアクセス推移。 ]

Analyticsデータ推移比較 (2008.7.15-2009.7.15)☆ 6月16日、レシピmomo.は、YAHOO!カテゴリに掲載頂き急騰。 急落後に再度、急騰。 上昇トレンド移行の観測あり。

IPO(新規株式公開)直後の株価推移を彷彿とさせる、不確実性の中に希望を観てしまい。 但し、実践による未来の創造しかなく、推移予測に意味はなく。

その一方で下段、幸せへの一歩のアクセス推移は、漸減傾向。 2008年5月-9月も似たようなチャートではあるものの、上段のレシピmomo.の上昇トレンドとの連環がありそうに感ずることしばし。 2009年9月頃、比較(検証)しようと思います。

親子サイトの評価や如何に、検索アルゴリズムの性質を見極めに。

( 直近のアクセスデータ推移を比較するための簡易ツールとして、YAHOO!ログール版『幸せへの一歩』、『レシピmomo.』の閲覧をご提案致します。 )

『 レシピmomo 』 目次ページ画像
「 コンテクストSEOを可視化する 」

文脈――。 文における個々の語または個々の文の間の論理的な関係・続き具合。コンテクスト(goo辞書「大辞林 第二版」より)。

コンテクストSEO――。 検索エンジンが理想とする、なりたい人物像は、一般的な知識人ではなかろうか。 コンテクストSEO理論(5頁)において、このような仮説を立てました。 検索エンジンに慣れた人なら、放っておいてもキーワードを使い分け、自らカスタマイズを施し、必要とする情報に素早く辿り着く。

一方、不慣れな人(一般的な知識人)に対し、検索エンジンは、検索アルゴリズムの粋を集め、必要と思しき情報を類推し、応答しようと考える。 そうならば、なりたい人物像は、一般的な知識人(不慣れな人)ということになる。

一般的な知識人に紹介すべく最適なWebページは、一般的に理解され易い平易なそれであるはずだ。 辞書の“文脈”に記された、― 文における個々の語または個々の文の間の論理的な関係・続き具合 ―という部分。 意味の疎通という点において、ほぼ、セマンティック・ウェブの概念に近いと直観してみたり。

約30年前には、WWWの基礎概念を構想していたというティム・バーナーズ=リー氏。 計算機科学者というより、哲学者と呼ぶほうが適切ではないかと慮る只今。 実践論から哲学領域に入りそうで、今日の私は、もはやギブアップ(汗)。


『コンテクストSEO理論、レシピmomo.モデル検証』10頁は、ここまで。

ウェブ社会を直観的に実感している方々とともに、コンテクストSEO理論の演繹的推理を展開することが本望と考え、次号に続けて参ります。

コンテクストSEO理論、レシピmomo.モデル検証。 ( 9頁 )

ブログネタ
『 ハッピーポータル 』 に参加中!
文脈SEOに関する仮説検証シリーズの9ページ

『 レシピmomo. 』 トップページ画像
「 ウェブ社会のステルスなお話 」

前頁では、脈絡SEOというシグナリングのためのキャッチを捻出しておりました。

さらに今号は、ステルスSEOと呼びたし、見えない検索エンジン最適化につきまして。

ウェブカタログに掲載頂いた『レシピmomo.』のアクセス解析データが落ち着くまで、コンテクストSEO理論の検証から脱線するのですが、今しばらくウェブ社会の新しいビジネスプロモーションに関し、論述したいと思います。

ウェブ社会の自分ポータルサイトの小噺も宜しければ。

『 レシピmomo 』 目次ページ画像
「 脈絡SEOを可視化する 」

脈絡――。 一貫した筋道。すじ。つづき(goo辞書「大辞林 第二版」より)。

脈絡SEO――。 一貫した筋道を歩むサイトは検索エンジンに評価され易い、コンテクストSEO理論(8頁)で立てた仮説。

ここで謂うインターネット上の“一貫した筋道”に関し、ページランクの動作概念図をご参照願いたく(もう、お察しのことと存じます)。 ウェブサイト評価アルゴリズムにおいて検索エンジンは、どこから貼られたリンクを重要視するのか。

私の場合、あるWebサイトを評価しようとした時、まず、サイト運営者のプロフィールやコラムを探します。 サイト制作の目的は、今後の運営方針は何か、理念や想いなど発想の源流はどういうものか。 その思考によって判断したく。

一貫した筋道を歩むサイトを私は、反射的に高く評価してしまう。 一方、いかに美しいデザイン、喧伝力の強いレイアウトであろうとも、ページランク動作概念図のリンク先に違和感を覚えた時、当該サイトより静かに立ち去ることになる。

そんな人の行動を検索エンジンが推察しているならば、ウェブ社会の新しいビジネスプロモーションは、Webプロフィール作成を優先すべきかと。 なぜなら、Webプロフィール(こと、Googleプロフィール)は、検索エンジン直轄なのだから。

それは検索エンジンに名刺を渡すのと同義であり、そこに一貫した筋道があるなら両者間に信頼が築かれ、検索エンジンは、運営サイトもプロフィールも他に優先して紹介してくれる。 見えないビジネスマッチングとでも申しましょうか。

思わず“ステルスSEO”と言葉で遊んでみたくなり……。 “ウェブプロフィールのすゝめ”によって案外、ウェブ社会を豊饒にできるかも知れませんね。

( 直近のアクセスデータ推移を比較するための簡易ツールとして、YAHOO!ログール版『幸せへの一歩』、『レシピmomo.』の閲覧をご提案致します。 )


『コンテクストSEO理論、レシピmomo.モデル検証』9頁は、ここまで。

ウェブ社会の到来を直観的に感じている方々とともに、コンテクストSEO理論の演繹的推理を進展できれば幸いと考え、次号に続けて参ります。

コンテクストSEO理論、レシピmomo.モデル検証。 ( 8頁 )

ブログネタ
『 ハッピーポータル 』 に参加中!
文脈SEOに関する仮説検証シリーズの8ページ

『 レシピmomo. 』 トップページ画像
「 祝、ウェブカタログに掲載!! 」

前頁では、無料のWebサイト解析ツールの有り難さを強調しておりました。

さらに今号では、感謝に堪えない嬉しいご報告からスタート。 子ブログ『レシピmomo.』が、大手ポータルサイト上にてインデックス。 詳しくは、『ウェブカタログに掲載して頂きました。』をご覧ください。

と、いつまでも糠喜びしているわけにはいきません。 そこに浮かび上がった一つの疑問。 なぜ、親ブログはインデックスされないのだろう…。 1日30アクセス程度の子ブログに対し、1日1,000アクセスに達しているにもかかわらず……。

さっそく仮説1.―、親ブログからレシピコンテンツのみを抽出した子ブログ『レシピmomo.』の特化性が評価されたから。 仮説2.―、2009年1月頃より充実させた運営者プロフィールが評価されたことにより。 仮説3.―、偶然ラッキー。

今日は、コンテクストSEO理論の検証から脱線することになるのですが、仮説2.に関し、このところ考えていた漠とした持論を展開したいと思います。

『 レシピmomo 』 目次ページ画像
「 Webプロフィールにみる脈絡SEO 」

宜しければ先般のコラム、『ウェブプロフィールに立てる、アナログSEO仮説。』をご一読くだされると有り難く。

その要旨は、「運営者情報を緻密に記載した(例として、Googleプロフィール等の)Webプロフィールを検索エンジンは高く評価しており、そのページよりリンクした運営サイトは、検索エンジンにより高く評価される」という仮説を立てたもの。

2009年1月、開設したWeb名刺サービス『SBI Business』の有用性に、ウェブ社会における大きな可能性を直感し、放置していた『Google プロフィール』を同年3月に更新。 運営者情報を忠実に記入し、運営Webサイトを同ページに登録。

( Googleプロフィールの氏名検索にみるSEO効果は特筆もの。 ウェブ社会で生き残るビジネスには、セマンティック・ウェブの理解が必須といえそう。 )

Open Directory”“YAHOO!カテゴリ”への掲載を目指し幾度となくチャレンジして叶わなかった親ブログ『幸せへの一歩』2年越しの夢とは対照的に、2009年4月に申請した子ブログ『レシピmomo.』は、約2ヶ月後には登録の運びへと(嬉)。

運営者情報が足りなかった過去は失敗続きであった、と仮定すれば、上述の仮説2.―、Webプロフィールにみる脈絡SEOへと傾いていくわけです。

コンテクストSEO理論の原発想は、“ごく普通の人の感性”を欲するとした検索エンジンの進化論に基づいており、検索エンジンが評価した“書き手◎◎さん”の文章は紹介され易い。 膨大かつ高速にテキストを読み込む検索エンジンが、あーこの文章は◎◎さんの文脈だ、と判断した時、その文献は瞬く間に検索ページ結果の上位に並ぶことになる。 と仮定する、検索エンジン紹介バイアスによる発想。

◎◎さんらしさを判断し得る感性を、検索エンジンが既に身につけているなら、Webプロフィールを渡しておくことがSEOにおいて如何ほど効果的であるか、想像に難くありません。 と、複数の仮説が混じってきたので、休息が必要。

( 直近データの推移を比較するツールとして、YAHOO!ログール版『幸せへの一歩』、および、同『レシピmomo.』の閲覧などをご提案しています。 )


『コンテクストSEO理論、レシピmomo.モデル検証』8頁は、ここまで。

ビジネスを健やかに拡大させようと努める中小零細企業の事業主様にとって、役立つ理論の共有ができれば幸いと考え、次号に続けて参ります。

コンテクストSEO理論、レシピmomo.モデル検証。 ( 7頁 )

ブログネタ
『 ハッピーポータル 』 に参加中!
文脈SEOに関する仮説検証シリーズの7ページ

『 レシピmomo 』 目次ページ画像
「 Web解析ツールによる比較検証 」

前頁では、レシピmomo.を閲覧くださるペルソナの7割は、ネット検索に長けた主婦の方、OLさんなど、25-44歳の女性ではなかろうか。

そうした仮説を、Google Ad Planner分析データの引用により、半ば強引に検証を進めて参りました。 そんな折、Yahoo!ジオシティーズ会員限定のYahoo!アクセス解析(ベータ版)が2009年5月26日、一般無料公開されたことを知り、さっそく実装。

今後はYahoo!アクセス解析と、GoogleAnalyticsに蓄積されたデータを効果的に比較、応用して、コンテクストSEO理論を科学的?に実証したいと思います。

まずはYahoo!アクセス解析データより、時間帯別ページビュー推移。

『 幸せへの一歩 』 Yahoo!アクセス解析 (2009.5.29-2009.6.04)一週間という短期間のデータながら、平均的に16時-17時にPVピークを迎える事象は、夕食準備のためのレシピ検索による結果と推察したい。


「 Webサイト解析ツール(無償)の多様なデータ 」

ヤフー、無料のリアルタイムアクセス解析ツールの一般公開を開始
”(ITproの記事へリンク)。

2009年5月28日、『幸せへの一歩』『レシピmomo.』ともに解析用のタグを実装。 日を追うごとに両ブログの解析データ比較が楽しみに感じられ。 どんな結果が出ますやら。 データの蓄積に応じて、本格的な推論を始めたいと思います。

Yahoo!アクセス解析 経路分析 (2009.5.29-2009.6.04)図は、ITproで紹介されている「経路分析」。

どのページから訪れ、どのページに遷移したのか、ツリー図でアクセスランキング表示する機能。

それにしてもWeb運営者に向けての無料サービスの進化は、素晴らしくて有り難く。 高性能で多彩な機能に嬉しい驚きも。 報恩感謝の意を込め、あらためてご紹介すべきかと。 Yahoo!アクセス解析(ベータ版)。 

( 直近データの推移比較ツールとして、YAHOO!ログール版『幸せへの一歩』および、『レシピmomo.』なども参考にしてください。 )


『コンテクストSEO理論、レシピmomo.モデル検証』7頁は、ここまで。

中小零細企業の事業主様やスタートアップを志す人達にとって役立つ発見、使える理論の共有ができれば幸いと考え、次号に続けて参ります。

コンテクストSEO理論、レシピmomo.モデル検証。 ( 6頁 )

ブログネタ
『 ハッピーポータル 』 に参加中!
文脈SEOに関する仮説検証の6ページ

『 レシピmomo 』 目次ページ画像
「 SEO進化論とレシピの連環 」

前頁では、検索エンジンが狙うユーザー像は、2つ3つの単語で検索を行う、ごく普通の一般的な利用者ではなかろうか。

そんな仮説を立てました。 また、SEO進化論なる概念を想定すれば、検索エンジン最適化は、進化するほど行動科学と密接にならざるを得ず、検索エンジン利用者のボリュームゾーンに位置する人をペルソナに据えることになる。

こと、レシピに限定して考えた時、ボリュームゾーンに位置する人は、(ベテランではない)主婦の方々か、ネット利用時間が比較的長いOLさんを想定。 ターゲットは25-44歳の女性となり、ペルソナ設定は、極めて容易になるわけです。

実際、Google Ad Plannerによる『幸せへの一歩』の閲覧者の属性は、(精度は不明ですが)25-44歳ゾーンで7割、女性が7割と、初期の類推にほぼ一致。

と、弾みをつけて今回も、コンテクストSEO理論の確立を目指し、加えてウェブ上の社会実験として貢献できればと願い、検証の継続に努めて参ります。

『 レシピmomo. 』 トップページ画像
「 料理ブログ進化論、レシピmomo. 」

ここ日本では、ブログと聞かば ≒ ウェブ上の簡易日記、と決めてしまいがち。

そう限定してしまうより、日記機能も備えた便利なWebサイト、と捉えるほうが後々、進化向上できると私は考えます。 なぜならアクセス数において、日記を書いても著名人に敵う筈はない。 と思うから。

そこで検索エンジンの力を借りるべく、レシピmomo基本(定型)フォームを考案。 日記ではなく、レシピ創作を開始。 そうした推論に基づく定型性が検索エンジンアルゴリズムにフィットしたのか、1日1,000アクセスに達するようになり。

そしてその時、調理意欲を高めるためのレシピ導入部の記述と、日記的な含みを持たせた編集後記、それら2箇所を割愛したレシピブログ、いわば完璧にレシピ特化のブログを構築すると、どのような結果が得られるだろう……。

そんな起案に基づき、レシピmomo.モデル検証を始めた次第です。

Analyticsデータ推移比較 (2009.4.1-2009.5.26)週末につけるグラフの山により、閲覧者の属性は、OLさんと推察可能。

下図は、レシピmomo。

上記データは、GoogleAnalyticsによる『幸せへの一歩(上)』と『レシピmomo.(下)』のセッション数の推移比較。 レシピmomo.の累積データが不十分のため、両者データ比較にみる解析と本格的な推論は、もう少し先にしたいと思います。

それにしても下図は、IPO(新規株式公開)直後の株価推移という感もあり。 すっと吹き上がって急落。 その後、暫くの底練りを繰り返す。 再度、右肩上がりの急騰をみたいと、願うばかりです。 ( 直近のデータ推移は、YAHOO!ログールによる『幸せへの一歩』および、『レシピmomo.』にて、ご確認ください。 )


『コンテクストSEO理論、レシピmomo.モデル検証』6頁は、ここまで。

次号は、幸せへの一歩のデータ推移に解析を加え、さらに仮説を重ねたいと思います。 未来のウェブ社会に役立つ発見を共有できるといいですね。

コンテクストSEO理論、レシピmomo.モデル検証。 ( 5頁 )

ブログネタ
『 ハッピーポータル 』 に参加中!
文脈SEOに関する仮説検証の5ページ

『 レシピmomo 』 目次ページ画像
「 ウェブ社会学のすゝめ 」

前頁では、ブログ『幸せへの一歩』に採用しているSEOサービスや、実装済みのSEOパーツに関し、ご報告を行いました。

インターネットがグローバルに浸透し、地域社会を支えるために、なくてはならないインフラになった今日、新たな社会学として『ウェブ社会学』なるものが派生し、独立した研究が行われても良いのではないか。 そんなふうにも考えます。

本頁以降は、仮説を立てながら論の展開を試みるのですが、それらもWeb上の社会実験のひとつと仮定し、いづれは社会の役に立つ学問になる。 そのような瞑想にふけることで、妙なるモチベーションを高めている只今です。

なぜなら、Webブラウザが試作された1990年から数えて、ほんの20年。 ウェブ社会は始まったばかりで、この世界が数百年先まで続くとすれば、このような実験と試行錯誤は入り口にあり、相応に数が必要とされるのだから。

それでは、コンテクストSEO理論の確立を目指して以下、仮説を立てて参りますので、今暫くのお付き合いを宜しくお願い致します。


「 検索エンジンの的は普通の人!? 」

情報爆発、情報メタボリックな社会を再構築する者は、検索エンジンかも知れない。 優秀なエンジニアを世界から集め、インターネット検索技術の先端を走るグーグル。 そんな彼等が目指すコアターゲットは、ごくフツーの人ではなかろうか。

「レシピ 湯豆腐 作り方」のように、2つか3つのキーワード入力により情報検索する、プログラムが書けるわけでもパソコンにさほど詳しくもない、しかしながら、検索エンジン利用者のボリュームゾーンに位置する私のような平凡な人。

サーチエンジン曰く、早く普通の人間になりたい…とか。

ハイテク集団、グーグルのエンジニアが定めるペルソナとは普通の人で、そんなローテクの私が考案したレシピmomo基本(定型)フォームなればこそ、グーグルの検索アルゴリズムに高く評価され、紹介されることになる。

と、奇妙な仮説に強引な検証を試みてみたくなり。

『 幸せへの一歩 』 Analytics月別推移ほか (2006.8.1-2009.5.15)08年冬、鍋料理レシピにアクセス集まる中、09年1月、七草粥レシピが大ブレーク。

月間のピーク、7万PVを記録。

( 直近のデータ推移は、YAHOO!ログールにより、ご確認ください。 )

上記データより、トラフィックサマリーの約9割は、検索エンジンが占めている。 類推することは、検索エンジンに愛されるブログ。 または、ファンのつかない不人気ブログなのに、検索エンジンは積極的に紹介するブログ、と換言可能。

やはりレシピmomo基本(定型)フォームによるものなのか、コンテクスト最適化(定型化)の効果と云うべきなのか。 実証できるかも……。


「 コンテクストSEO仮説の検証方法 」

1,000PV/日に達する『レシピmomo』から独立させたレシピ特化ブログ『レシピmomo.』のGoogleAnalyticsデータ推移を活用して、仮説を検証したいと思います。

ウェブ社会学を提言するには、気が遠くなるほどの仮説と検証が求められると考えています。 レシピの定型性にみる文脈の最適化から検索エンジンのアルゴリズムを類推する方法。 さらに、未来社会における検索エンジンの役割を予見しつつ、それに使われるのではなく使う側としての研究を怠ることなく、コンテクストSEO理論の確立を目指し、演繹を続けるべきではなかろうか。 そんな構想も抱いています。


『コンテクストSEO理論、レシピmomo.モデル検証』5頁は、ここまで。

SEOの未来を予見するビジョナリー、フューチャリスト皆様のヒントになれば幸いです。 次号は、レシピmomo.のデータ推移を交えながら、さらに仮説を立てていきたいと思います。 ウェブ社会に役立つ発見を共有できるといいですね。

コンテクストSEO理論、レシピmomo.モデル検証。 ( 4頁 )

ブログネタ
『 ハッピーポータル 』 に参加中!
文脈SEOに関する仮説検証の4ページ

『 レシピmomo 』 目次ページ画像
「 コンテクストSEO技術の基礎 」

前号では、レシピmomoの基本(定型)フォームに立てたSEO効果の仮説を検証するため、フォームの紹介に努めて参りました。

今号ではまず、『幸せへの一歩』に施したSEO対策について、箇条書きにて報告し、コンテクストSEO理論の確立準備を進めたいと思います。 あわせて自力で出来る、廉価ながら高い効果が観測できるSEOのヒントになれば幸いです。


「 採用中のSEO(対策)サービスとツール各種 」

1. SEO上の優位性を得るためのドメイン設定サービス。 例として、livedoor Blog ビジネスlivedoor ドメインの組み合わせ。 2. フィードバーナー( 例として、レシピmomo.RSSフィード )構築 3. Googleウェブマスターツール 4. YAHOO!サイトエクスプローラー 5. Webmaster Center 6. テクノラティに登録 7. YAHOO!ログールパーツ 8. gooあしあとパーツ等の設置。 大手ポータルの無料サービス(1.のみ有料)を中心に、効果が高いと思しきSEOツールを適度に実装しています。


「 コンテクストSEO理論の演繹方法 」

1,000アクセス/日に達する『レシピmomo』と同等レベルのSEO対策を施したレシピ特化ブログ『レシピmomo.』のアクセス推移に基づき、推理を実施。 GoogleAnalyticsに蓄積された両サイトの各種データを抽出し、比較を繰り返す。

事前に立てた仮説を検証しながら、レシピの定型性に垣間見るSEO効果のサイズを推定し、コンテクストSEOの確立を目指すという演繹構想。


『コンテクストSEO理論、レシピmomo.モデル検証』4頁は、ここまで。

SEOについて模索を続けるウェブマスター、皆様のヒントになれば幸いです。 次号は、レシピmomo.の具体的なデータを掲示し、いくつかの仮説を立ててみたいと思います。 某か、使えそうな発見を共有できるといいですね。

コンテクストSEO理論、レシピmomo.モデル検証。 ( 3頁 )

ブログネタ
『 ハッピーポータル 』 に参加中!
文脈SEOに関する仮説検証の3ページ

『 レシピmomo 』 目次ページ画像
「 レシピの定型性にみるSEO効果 」

前号では主に、コンテクストSEO理論の発起について、論説を進めて参りました。

今号では、『幸せへの一歩』の「レシピの定型性」 ― 直観的にSEO効果があると信ずる ― について以下、論述致します。

皆様におかれまして某か、直感頂ければ嬉しく思います。


「 レシピmomo基本(定型)フォーム 」

--------------------------------------------------- ここから
○○○の作り方。 ○○○のレシピ ― ( SEO意識のタイトル )

○○○の作り方を画像で紹介するページ ― ( SEO的概要 )

------------------  『 ○○○の完成。画像の貼り付け 』
------------------
------------------。 ― ( 調理を動機づけるための短文 )

【 材料 ○人分 】  ( 完成まで約○○分 )

(○○○の材料。画像の貼り付け)・----- ・-----

【 ○○○の作り方 】

1.----------。  『 オンマウスで入れ替わる調理画像 』

2.----------。

3.----------、(○○○の)出来上がり。

【 チェックポイント 】

----------。 ― ( 応用提案、失敗しないためのノウハウ等 )

【 編集後記 】

----------。 ― ( 主に余談や、主観に基づく日記的な文章 )

ホーム > サイトマップ > レシピmomo > ○○○ > ◎◎◎ > リンク
Copyright (C) 2005-2009 SunVerdir. All Rights Reserved.
( ↑ 内部リンクには、Webホスピタリティ + SEO的期待あり )

タグ : ○○ ◎◎ △△ ▽▽ レシピ ― ( 仕訳用キーワード )
--------------------------------------------------- ここまで

( ご参考 肉じゃがの作り方。 新じゃがいも料理レシピ


「 レシピmomo定型フォーム、仮説と目的 」

人気の、「超」整理手帳2009 週間スケジュールシート

ビジネスを高度に効率化する手帳は、野口悠紀雄先生の整理ノウハウが体系化されたものであり、氏がプロデュースした、ひとつの定型フォーム。 野口流、野口式とも置き換え可能な、芸道や武道でいう「カタ」なる規範。

レシピ閲覧者にとって規律正しい「カタ(定型フォーム)」は、ずばり読み易さ。 閲覧者の利便性を追及して進化する検索エンジンにとっての規律正しい「カタ(定型フォーム)」は、同等もしくは、より高い評価を得るのでは。

カタを持つ人は強く、カタにはまった仕事は早い。

そんな仮説の下にレシピmomoは、レシピ閲覧者に対する利便性の優先はもとより、検索エンジンに紹介されるべくノウハウを体系化した、ひとつの定型フォームに辿り着きました。 しかも画像リッチで、キーワードもリッチ。

1,000アクセス/日に達する『レシピmomo』により、レシピの定型性にみるSEO効果は、ある程度検証できたのではないか、とも考える次第です。

コンテクストSEOに、現実味を覚えて頂けましたでしょうか。


『コンテクストSEO理論、レシピmomo.モデル検証』3頁は、ここまで。

広報ツールとしてWebアクセスの拡大を意図するウェブマスター、皆様のヒントになれば幸いです。 次号は、コンテクストSEO理論の演繹から、レシピmomo.の具体的な検証に進めたいと思います。 何が見えてきますでしょうか……。

コンテクストSEO理論、レシピmomo.モデル検証。 ( 2頁 )

ブログネタ
『 ハッピーポータル 』 に参加中!
文脈SEOに関する仮説検証の2ページ

『 レシピmomo. 』 トップページ画像
「 レシピmomo.データ推移予測の前に 」

前号において、コンテクストSEO理論の確立に向け、仮説検証を発企しました。

以降は、『レシピmomo.』の構築目的の2番目、「レシピの定型性にみるSEO効果」に絞り、論述したいと思います。

あらためて『レシピmomo.』は、ブログ『幸せへの一歩』のカテゴリー『レシピmomo』の簡潔版として再編集した、料理レシピ特化ブログ。 レシピmomo.データ推移予測に際し、まずはじめに、レシピコンテンツの源であるブログ『幸せへの一歩』の過去データ推移(下記)について、簡単にレポート致します。


幸せへの一歩 開設以降のアクセス等の推移 」

『 幸せへの一歩 』 Analytics推移 (2006.8.1-2009.4.29)2007年2月12日、チョコレートレシピに閲覧集中し、総アクセス1400超え。

2008年2月12日は、総アクセス1300超えと、前年よりダウン。

2008年8月頃より、総アクセス1000/日が定着。 2008年12月、鍋料理レシピがアクセスを集める中、2009年1月7日、七草粥レシピに閲覧集中し、総アクセス4000超え。 直近では、筍ご飯レシピが好調。 ( 簡易データは、YAHOO!ログールにて )


「 レシピmomo.データ推移予測 」

2009年9月末頃まで、アクセス急騰シーンを時折観測しつつ、総じて穏やかな上昇トレンドを描いていくものと予想致します。 9月末にて300/日アクセス程度でしょうか。 一方、コンテンツ源の親ブログ幸せへの一歩は、1200アクセス/日あたりを定位置として、季節のレシピによるアクセス急増を交えながら、振幅を繰り返す。

レシピmomo.開設より半年を経過する2009年10月以降、年末に向かい鍋料理レシピの検索増加による閲覧急増を受け、レシピmomo.のアクセスは急騰。 レシピ特化のサイト構成と、ドメインの優位性( http://recipe-momo.net/ )も功を奏し、昇降する親ブログ「幸せへの一歩」のアクセス数に接近していくものと思われます。

経験則より、アクセス数の親子逆転は、2010年2月頃と予測致します。


「 レシピの定型性にみるSEO効果の検証 」

何故に検索エンジンは、幸せへの一歩のレシピコンテンツを紹介してくれるのか。 私は、レシピmomoの定型フォームにあると考えています。

むろん、SEO対策に長けた大手ブログサービスが備える優位性の恩恵は大きく、こと、タグ(コンテンツを仕訳するために付与するキーワード)機能の実装は、幸せへの一歩への検索エンジンからの来訪数を顕著に増加させました。 なるほどタグ機能によるSEO効果の高さを痛感しながらも、キーワード対策が究極のSEO対策だとする論説には成熟感を覚えており、レシピmomoの定型フォームにみる文脈最適化が及ぼすSEO効果について、検証したいと考えるようになりました。


「 コンテクストSEO理論の発起 」

タイトル「○○○の作り方」で始まるレシピの結論は、必ず(○○○の)出来上がり、という、お決まりの文言で、コンテクストは定型化されている。 完成画像、材料画像に続き、調理手順がきて、出来上がりという結論に必ず達するレシピの定型フォームを創出。 しかも平易なレシピを目指すほどに画像は増え、画像に封入された○○○の完成、○○○の材料等のキーワードの現出回数は、必然的に増加する。 そのレシピフォームを標準化することで文脈最適化が促され、SEO効果も上昇。

また、定型フォームによって標準化を行ったサイト構成は、読み手よし、検索ロボットよし、書き手よしの、三方よしとなるはずであり、サイト構築初期に立てた仮説、検索エンジンおもてなし(SearchEngineOmotenashi)の発想も活きてくる。

演繹的SEOなどと、発案してみるのも一興かも知れませんね。

そんな思索を楽しむ中、「幸せへの一歩」は本来、ブログにみる広報ツールとしての効果を検証するための試作品であり、ブランディング、地域情報化、そしてレシピと、コンテンツ内容はバラエティ。 1000アクセス/日に達し、広報ツールとしての効果を確認できた今、レシピmomo.をデータ解析用モデルとして再構築し、コンテクストSEO(コンテクスト最適化)理論の仮説検証を試みようと考えるに至りました。

( 『コンテクストSEO理論』は、レシピを例とした定型文脈が生むSEO効果に関し、体系的知識により明確に定義される概念。 ※ 演繹トライを開始。 )


『コンテクストSEO理論、レシピmomo.モデル検証』2頁は、ここまで。

広報ツールとして、ブログ利活用を考えている人のヒントになれば幸いです。 次号は、レシピの定型性にみるSEO効果、レシピmomoの定型フォーム体系についてご報告し、コンテクストSEO理論の演繹に展開したいと思います。 お楽しみに。

コンテクストSEO理論、レシピmomo.モデル検証。 ( 1頁 )

ブログネタ
『 ハッピーポータル 』 に参加中!
文脈SEOに関する仮説検証の1ページ

『 レシピmomo. 』 トップページ画像
「 料理レシピにみる文脈SEO効果 」

日夜進化を続ける検索エンジン。 それを追うように伝わってくる、SEO談義。 Webを運営する者として、興味津々ということに。

その中、ブログ『幸せへの一歩』のカテゴリー『レシピmomo』に収蔵した料理コンテンツを抽出し、前書きにあたる蘊蓄(うんちく)部と編集後記を割愛した簡潔タイプ。 画像、材料、調理手順、チェックポイントに絞り込んだ、料理レシピ特化の『レシピmomo.』を新規に構築したところ。 その目的は下記、大きく3つ。

1. レシピ閲覧者の時間効率の向上を目指して
検索キーワード「レシピ」を入力した来訪者が必要とする情報は、料理レシピ。 そうした閲覧者にとって、最適、簡潔なサイトであるために。

2. レシピの定型性にみるSEO効果の検証目的
タイトル「○○○の作り方」で始まるレシピの調理手順の最終は、○○○の出来上がり。 と、コンテクストパターンは、ほぼ定型。 また、完成画像や材料画像の記述には、○○○の完成、○○○の材料と、キーワードが列記されることになる。 分かり易いレシピを目指すほど画像は増え、それに伴い、キーワードの記述頻度は、ごく自然に高くなり。 そこで、レシピmomo.をデータ解析用モデルとして、コンテクストSEO(コンテクスト最適化)理論の仮説検証をしようと考えています。

『コンテクストSEO理論』は、レシピを例とした定型文脈が生むSEO効果に関し、体系的知識により明確に定義される概念。 ※ 演繹トライを開始。

3. 掲載広告の位置にみる収益効果の検証等
※ 1,000アクセスに達する日が来たら、あらためて考えます。


レシピmomo. 開設以降のアクセス等の推移 」

『 レシピmomo. 』 Analytics推移 (2009.4.1-4.28)4月19日(日)、144セッションを直近ピークとして漸減傾向。

4月29日時点、グーグルページランクは「0」。

平均サイト滞在時間と、平均ページビューに光明あり。

『コンテクストSEO理論、レシピmomo.モデル検証』発起号は、ここまで。 次号にて、データ推移予測を加え、コンテクストSEO仮説を立てたいと思います。

ソーシャル・ボタン & プロフィール
このブログの記事を検索
カテゴリー・プルダウン
ページ・ビュー数 速報

    スポンサード・リンク ほか
    Social Media / SunVerdir
    月別コンテンツ一覧
    • ライブドアブログ