Growth Tech Blog

デジタルマーケターの日乗(時々)

┗ ハイ・タッチ(感動)

二郎系ラーメン “ ラーメンきずな ” さん @ 岡山.

ブログネタ
ラーメン大好き! に参加中!
ラーメンきずなさん ソーシャル広報のページ

二郎系ラーメン “ ラーメンきずな ” さん
『 派生系 ラーメン富士丸さん直系 』

2017年お正月。早々手にした嬉しいニュースは二郎系ラーメン店の新規オープンを報じてくださった、お墨付き!様の “ ラーメンきずな @岡山の二郎系ラーメン 1/3新店オープン ” 。ということで、30年前に何度か食した “ ラーメン二郎 三田本店 ” さんを懐かしみ、1/8(日)。

そぼ降る雨天も何のその。意気揚々 Singin' in the Rain の気分に満たされ、開店を目がけて家人とお訪ね。ジロリアンには程遠いワタクシではありますが、素朴に美味しかったので、感謝の気持ちを込めてシェアします。

オーナーのステキな笑顔

お墨付き!様のブログに読むように、店主殿はラーメン二郎の直系(現在は派生系)のラーメン富士丸さんで修行を積まれたのだとか。

なるほど、“ ラーメン二郎三田本店 社訓 ” にインスパイアされている様子。心地よい接客のおかげで二郎という食べ物の味を懐かしく思い出しながら、K(完食)することができました^^。




次回お訪ねする時は、ラーメン富士丸さんの「国産ぶためん」に「麺ちょい足し」+全部多めを軽やかにKKするジロリアン女子に倣い、KK(完飲完食)を目指しますヽ(^o^)丿


[ YouTube rocketnews24様のチャネルよりシェアした完飲完食レポート動画 ]

第23回 岡山大学ベンチャー研究会 OUVL 講演会。 Weblio, Inc. (ウェブリオ株式会社)代表取締役 辻村直也 氏 講演

【 備忘録 】 第23回 岡山大学ベンチャー研究会 OUVL 講演会
Weblio, Inc. (ウェブリオ株式会社)代表取締役 辻村直也 氏 岡山初講演


スマートシティを望む岡山市の、シェアサイクル “ ももちゃり ”

ブログネタ
国家戦略特区 に参加中!
交通インフラ社会実験考察のページ

ももちゃり @ 岡山市.
岡山市コミュニティサイクル

2006年頃より街づくりのネタに、富山市 LRT をチラホラ散見。そうして今夏、2013年。スマートシティの話題に上りそうなのが、岡山市の都市型シェアサイクルももちゃり ” 。

都市計画に関連する人々が、全国各地から続々押し寄せる予感あり。と、急ぎ。シティサイクルが街ナカにフィットする風景を、Facebook「ももちゃりフォト集」にまとめました。

さて、なるほど都市型レンタサイクルとしてのももちゃりシステムは巧みにできていて、委託業務企画先の中央復権コンサルタンツ 株式会社さんの次世代インフラ提案に敬服しばし。 札幌みんなのサイクル “ ポロクル ” や、“ シェアサイクルCOGICOGI(コギコギ)” 等、先進の事例は幾つもあるので(残念ながら)岡山市の仰る「自転車先進都市おかやま」とは呼べないまでも、社会実験としての自転車シェアリングは、街の将来が健やかであるために、様々な気づきを供与するものと期待致します。むろん幾多の難題も産むとは思うが、減点主義ではなく未来志向で生きる私達なら、それらを価値あるものに変えて解決できると信ずる只今。


おかやまスマートシティ構想 3つの優位性 」

はじめに、
岡山市のサイクルシェアリング 3つの優位性
1. 街なかの人口が増加が著しい政令指定都市
2. 役場や病院等が集積している市街地は平坦
3. 日照時間が比較的長い、晴れの国おかやま

引き続き、
スマートシティおかやま構想 3つの優位性
1. 現行レガシーシステム刷新の機運の高まり
例) 岡山市、クラウド型の基幹業務システム導入でIT環境を最適化
2. 気候、山、海、水、天然リソースに恵まれる
3. 国家戦略特区、構造改革特区等の好適地

この街は将来的に、スマートシティになれないハズはありませぬ。


「 おかやま観光特区構想 」

折しも先般。「環境未来都市」構想構造改革特区等、多様な課題に取り組む首相官邸のホームページに加わった、首相の主導で成長戦略を地域限定にて推進できる “ 国家戦略特区 ”。 政令指定都市、岡山市の豊かな未来を切望する者なら、見逃すことのできない改革構想。 先般、“ ももちゃり (レンタサイクル) for おかやま観光PR. ” をエントリーしたのも、東京、大阪、愛知などの三大都市圏に負けない競争力を養わなくては…と、目論んでのこと。

スマートインフラや構造改革において、これ以上、都会に離されてはいけませぬ。

首相官邸主導の都市再生を参照する限り、このたびの岡山市コミュニティサイクル事業は環境未来都市構想にスマートに合致する内容であって、観光特区に名乗りを上げる絶好のチャンスとも。ということで実践至上主義の(自称)伝説のマーケターのわたくし。 2013年7月27日〔土〕11時スタートまもなく、社会実験に慶んで参画すべく試乗を実施。競争市場で公正に評価されるための、応援シェア動画もサクッと制作。 総じて使い勝手は、いい感じ ♡

しっかりシェアサイクルももちゃりを、観光PRに連携させて、活きたものにしたいと存じます。


セマンティック検索 時代の、セマンティックWeb シフト。

運営サイト大改修リポートのページ

桜吹雪、桜の絨毯(じゅうたん) 2012.4.12
検索エンジンに愛されるブログ考

日々バタバタ追われる感があり、そのうちやるからネ。と、4つの運営Webサイトのアップデートを数年、放置してました…汗 その しっぺ返しは、あまりに甚大でして……大汗

そうして落ち着いて改修すべく時間ができたので、さっそく取り組み、現状チェックしてみれば、GoogleBacklink すべてを失いゼロ「0」となり、GooglePagerank は「4」から「3」へスコンと降下。こりゃぁイカンと Analytics ▶ サイトの速度 サマリーを調ぶれば、平均表示時間(秒)は 8秒超と、これまた重症。リンク切れチェック !? もはや、そんな気は起こらない。

さりとてマムシのわたくし気を取り直し、ブログ・テンプレート探しを始めたり。シンプル is The ベスト ! コンテンツ is キング ☆彡 のポリシーに則り、最新のワイド2カラムに決定。サイドバーは当然、右側。直観的に「コリャいい」、満足感アリの( ・∀・)あり。で、旗艦の試作ブログ「幸せへの一歩」はじめ4つのWebともに、同型テンプレートを採択、横着した次第。

以下は、第三次 大改修と銘打った、具体的な改修内容につきまして。
--------------------------------------- ここから
1. livedoor Blog テンプレート既存デザインの保存、新作を選定、変更
2. TopPage ディスクリプション記載、個別ページタイトル・カスタマイズ
3. Google+ボタン、AddThisLikeボタン等のソーシャル・パーツを実装
4. Google+ ページIDコードを取得、設置、Google プロフィールへリンク
5. 右側サイドバー設置ポリシーの見直しと、ブログパーツの取捨選択
6. リスティング広告枠( DoubleClick Ad Planner )の新設、変更、整備
7. サイトマップXML作成、Google & Bing ウエブマスターツールへ再送
8. Google Webmaster Central サイト確認のホームページ 追加認証
--------------------------------------- ここまで
上記 8つをメインの作業として、一週間で、各々4つのブログを改修。

テンプレート変更以降、書き変えの副作用として Analytics が示すアクセス、PV数は、激しく上下に動揺。も、徐々に底値を切り上げ、上昇トレンド想わすチャートを形成(4/12時点)。 ソーシャル・パーツ AddThis に記録された数値は日に日に改善。 リスティング広告単価は著しく低減したものの、ページCTRは改善傾向、今後の単価上昇に期待するところ。 何より嬉しいのは、ウェブマスターツールのサイトのパフォーマンス(ページ読み込み時間)が徐々に徐々に少しづつ、改善の様相を見せ始め、DL時間短縮を記録してくれること ^^。

2009年、拙ブログ “ スマートグリッドとクラウド、セマンティックWebなど。” をエントリーした 3年前からボクの中で巨大なテーマに成長していたセマンティックWebの概念。先般、TechCrunchさんの記事『Googleがセマンティック検索をマスコミに売り込む理由を推察すると…』を拝読いなや、膝を痛打した。当時の直感、仮説は、大きく外れていなかった……。

そうだとするならマイ・プロトタイプ「幸せへの一歩」のトラフィックは、グーグル検索アルゴリズム、アップデートの度に漸増する可能性を秘めている。 なんせWebブラウザが公開されて約20年の新分野、未開の領域。当たるも八卦、当たらぬも八卦なんですが、新たな発見目指してボクは頑張る、コンテクストSEO理論を実証、確立するまでは ( ・`ω・´)。フンフン

コンテクストSEO理論、レシピmomo.モデル検証。 ( 10頁 )

ブログネタ
『 ハッピーポータル 』 に参加中!
文脈SEOに関する仮説検証シリーズの10ページ

『 レシピmomo. 』 トップページ画像
「 言葉遊びを生む、文脈。 」

前頁では、ステルスSEOなる言葉を持ち出し、またもや遊んでしまいました。

そこで今号は、何度となく横道にそれていかないよう、文脈についてもう一度、学習したいと思います。

その前に、SEOに関心の高い読者様も多いと推察し、ウェブカタログに掲載頂いた『レシピmomo.』のアクセス推移を公開して、データ解析遊びをしようかと。 遊びながら考えるグーグル社をイメージして今暫く、お付き合い願えれば幸いです!?

[ 下図の上段は、レシピmomo.(2009年4月1日-7月15日)。 下段は、幸せへの一歩(2008年7月15日-2009年7月15日)のアクセス推移。 ]

Analyticsデータ推移比較 (2008.7.15-2009.7.15)☆ 6月16日、レシピmomo.は、YAHOO!カテゴリに掲載頂き急騰。 急落後に再度、急騰。 上昇トレンド移行の観測あり。

IPO(新規株式公開)直後の株価推移を彷彿とさせる、不確実性の中に希望を観てしまい。 但し、実践による未来の創造しかなく、推移予測に意味はなく。

その一方で下段、幸せへの一歩のアクセス推移は、漸減傾向。 2008年5月-9月も似たようなチャートではあるものの、上段のレシピmomo.の上昇トレンドとの連環がありそうに感ずることしばし。 2009年9月頃、比較(検証)しようと思います。

親子サイトの評価や如何に、検索アルゴリズムの性質を見極めに。

( 直近のアクセスデータ推移を比較するための簡易ツールとして、YAHOO!ログール版『幸せへの一歩』、『レシピmomo.』の閲覧をご提案致します。 )

『 レシピmomo 』 目次ページ画像
「 コンテクストSEOを可視化する 」

文脈――。 文における個々の語または個々の文の間の論理的な関係・続き具合。コンテクスト(goo辞書「大辞林 第二版」より)。

コンテクストSEO――。 検索エンジンが理想とする、なりたい人物像は、一般的な知識人ではなかろうか。 コンテクストSEO理論(5頁)において、このような仮説を立てました。 検索エンジンに慣れた人なら、放っておいてもキーワードを使い分け、自らカスタマイズを施し、必要とする情報に素早く辿り着く。

一方、不慣れな人(一般的な知識人)に対し、検索エンジンは、検索アルゴリズムの粋を集め、必要と思しき情報を類推し、応答しようと考える。 そうならば、なりたい人物像は、一般的な知識人(不慣れな人)ということになる。

一般的な知識人に紹介すべく最適なWebページは、一般的に理解され易い平易なそれであるはずだ。 辞書の“文脈”に記された、― 文における個々の語または個々の文の間の論理的な関係・続き具合 ―という部分。 意味の疎通という点において、ほぼ、セマンティック・ウェブの概念に近いと直観してみたり。

約30年前には、WWWの基礎概念を構想していたというティム・バーナーズ=リー氏。 計算機科学者というより、哲学者と呼ぶほうが適切ではないかと慮る只今。 実践論から哲学領域に入りそうで、今日の私は、もはやギブアップ(汗)。


『コンテクストSEO理論、レシピmomo.モデル検証』10頁は、ここまで。

ウェブ社会を直観的に実感している方々とともに、コンテクストSEO理論の演繹的推理を展開することが本望と考え、次号に続けて参ります。

コンテクストSEO理論、レシピmomo.モデル検証。 ( 6頁 )

ブログネタ
『 ハッピーポータル 』 に参加中!
文脈SEOに関する仮説検証の6ページ

『 レシピmomo 』 目次ページ画像
「 SEO進化論とレシピの連環 」

前頁では、検索エンジンが狙うユーザー像は、2つ3つの単語で検索を行う、ごく普通の一般的な利用者ではなかろうか。

そんな仮説を立てました。 また、SEO進化論なる概念を想定すれば、検索エンジン最適化は、進化するほど行動科学と密接にならざるを得ず、検索エンジン利用者のボリュームゾーンに位置する人をペルソナに据えることになる。

こと、レシピに限定して考えた時、ボリュームゾーンに位置する人は、(ベテランではない)主婦の方々か、ネット利用時間が比較的長いOLさんを想定。 ターゲットは25-44歳の女性となり、ペルソナ設定は、極めて容易になるわけです。

実際、Google Ad Plannerによる『幸せへの一歩』の閲覧者の属性は、(精度は不明ですが)25-44歳ゾーンで7割、女性が7割と、初期の類推にほぼ一致。

と、弾みをつけて今回も、コンテクストSEO理論の確立を目指し、加えてウェブ上の社会実験として貢献できればと願い、検証の継続に努めて参ります。

『 レシピmomo. 』 トップページ画像
「 料理ブログ進化論、レシピmomo. 」

ここ日本では、ブログと聞かば ≒ ウェブ上の簡易日記、と決めてしまいがち。

そう限定してしまうより、日記機能も備えた便利なWebサイト、と捉えるほうが後々、進化向上できると私は考えます。 なぜならアクセス数において、日記を書いても著名人に敵う筈はない。 と思うから。

そこで検索エンジンの力を借りるべく、レシピmomo基本(定型)フォームを考案。 日記ではなく、レシピ創作を開始。 そうした推論に基づく定型性が検索エンジンアルゴリズムにフィットしたのか、1日1,000アクセスに達するようになり。

そしてその時、調理意欲を高めるためのレシピ導入部の記述と、日記的な含みを持たせた編集後記、それら2箇所を割愛したレシピブログ、いわば完璧にレシピ特化のブログを構築すると、どのような結果が得られるだろう……。

そんな起案に基づき、レシピmomo.モデル検証を始めた次第です。

Analyticsデータ推移比較 (2009.4.1-2009.5.26)週末につけるグラフの山により、閲覧者の属性は、OLさんと推察可能。

下図は、レシピmomo。

上記データは、GoogleAnalyticsによる『幸せへの一歩(上)』と『レシピmomo.(下)』のセッション数の推移比較。 レシピmomo.の累積データが不十分のため、両者データ比較にみる解析と本格的な推論は、もう少し先にしたいと思います。

それにしても下図は、IPO(新規株式公開)直後の株価推移という感もあり。 すっと吹き上がって急落。 その後、暫くの底練りを繰り返す。 再度、右肩上がりの急騰をみたいと、願うばかりです。 ( 直近のデータ推移は、YAHOO!ログールによる『幸せへの一歩』および、『レシピmomo.』にて、ご確認ください。 )


『コンテクストSEO理論、レシピmomo.モデル検証』6頁は、ここまで。

次号は、幸せへの一歩のデータ推移に解析を加え、さらに仮説を重ねたいと思います。 未来のウェブ社会に役立つ発見を共有できるといいですね。

花錦戸「まつのはこんぶ」は静かなブーム!?

ブログネタ
【 レシピmomo 】 に参加中!
本場料亭の味 感動の塩昆布のページ

料亭 花錦戸の塩昆布「まつのはこんぶ」
塩昆布「まつのはこんぶ」は昭和22年創業、

南船場(大阪)の料亭「花錦戸(はなにしきど)」のおもたせとして懐石通に知られるところ。

(おもたせとは、頂いたお土産に対して感謝と敬いの心を込め、お土産をより丁寧に表現する言葉)

北海道産の真昆布と山椒を、すっぽん出汁で炊き上げた特級塩昆布「まつのはこんぶ」の味は一度食べたら忘れない。

忘れもしない2004年、ヒルトンプラザ ウェストオープンに際し、老舗料亭のオーラに魅かれ入店したのがきっかけだった。


二度と忘れられない、そんな「まつのはこんぶ」が年始のおもたせ用としてか、高島屋岡山店のレジに大切そうに並んでた。

上品な内容量も高額2千円、怯まず臆せず厭わずえいっと購入。 滅多に遭遇できない逸品だし、お正月だからと言い聞かせ。

↓↓オンライン購入なら(地域から探す⇒近畿)
高島屋

この特級の塩昆布ひとつまみ、しびれるような食感も。 恐ろしいほどに凝縮された凄い旨みが、舌先の味覚をしびれさす。

アツアツご飯や、おすましにサッとひと振り、極めつけはお酒のつまみにこの上なし。 二級酒だって特級酒に早代わり!?


さて昨日、OHK(岡山のローカルTV局) ニョッキン7 のゲスト、吉本新喜劇の辻本茂雄氏のおもたせ持参映像にハッとした。

妙に嬉しくって画像をUp。 ひょっとしてブームかも!?

ソーシャル・ボタン & プロフィール
このブログの記事を検索
カテゴリー・プルダウン
ページ・ビュー数 速報

    スポンサード・リンク ほか
    Social Media / SunVerdir
    月別コンテンツ一覧
    • ライブドアブログ