ハッピーポータル

幸せへの物語を綴る前向きな日乗(時々)

まちづくり

第1回 おかやま都市ビジョン研究会シンポジウム。 まちづくりワーキンググループのプレゼンテーションシート(原版)

第15回おかやま都市ビジョン研究会スペシャル

Junko Fukutake Hall
まちづくりワーキンググループ

皆さま、こんにちは。そして、ようこそ!おかやま都市ビジョン研究会へ !! おかやま都市ビジョン研究会は昨年2014年春に誕生し、数えること15回目の研究会にあたる本日。

第1回おかやま都市ビジョン研究会シンポジウムを冠して、今ここ。この素晴らしい空間、セレンディピティを生み出す場 “ Junko Fukutake Hall ” において、皆さまと貴重な時間を共有できることは大変光栄なことであり、とても嬉しく想います。

ご来場くださった皆さまと、このシンポジウムを実現に導いてくださった事務局、共同代表。そして手弁当(なんの報酬も見返りも求めない清らかな心)で何度も何度も繰り返し参加くださった研究仲間の皆さまに、感謝するばかり。研究会ご参加につきましては、毎々研究参画そのもの無報酬であるどころか、会場費を皆んなで割り勘して賄うなど、散財させてしまい、あらためて感謝の念に堪えません。誠に、ありがとうございます m(__)m

急ぎ、下記。5月31日(日)シンポジウム(研究発表会)において、ご来場の皆さまに研究過程を報告するためのプレゼンテーションシート(原版)をシェアいたします。


自分たちで「まち」をつくる、『 コミュニティデザインの時代 』。

良書拝読。 読了所感のページ

後楽園「初春祭」 タンチョウ。
コミュニティデザインの時代 - 自分たちで「まち」をつくる (中公新書)

あまねく社会の仕組みがグローバル・レベルで変化を迫られる激動の時代。 既存のコミュニティも例外ではありません。

いけいけドンドン。右肩上がりの高度経済成長期なら何となく社会は活性化されていて、テキトーに地方へお金を投げて、放っておくのが適当にベストだったのも今は昔。限界集落シャッター商店街等、続々届く地域の悲鳴。 変化を迫られる社会のカタチ。

と、そんなことは言われなくても分かってます。で、どうしたらいいの? と黙考中の方にオススメしたいコミュニティデザイナー、山崎 亮 氏の良書『 コミュニティデザインの時代 』。実践の志士による書であるがゆえ、伝わる内容にはズッシリとした重厚感あり。

(P.60-64) 「つながりから抜け出す時代」、「つながりを求める時代」。では多くの地方、様々な地域、集落に接してきた著者の経験の豊かさを垣間見る。 (P.78) 「豊かさの定義」が変われば「デザイン方法」も変わる。は時代の的を射ているし、(P.131-176) 第3章 「人が変わる、地域が変わる」で本書の目的を提示し、(P.177-236) 第4章 「コミュニティデザインの方法」においては誠実に、それらの骨子を平易に解説してくれるから至極有難い。

こと(P.238) 「熱い行政職員との出会い」で、この地域に足りないモノは何かに関し、パシーンと膝を痛打する。加えて(P.245) 「地域の力学の外側にいること」にて、著者の想いに激しく共鳴。今後も僕はずっとヨソモノでいようと心する次第です ^^。

良書拝読。 ありがとうございます !!




インターネット広報サイト 『まちづくりPRネット』 開設!!

インターネットPR、ニュースリリースのページ

MOMOTAROH FANTASY(JR岡山駅前) 2008.12.1
「 地域振興の活力を手に入れる 」

2009年4月1日、全国18番目となる岡山市政令指定都市移行を契機に、

ブランド構築コンサルティングファームのサンベルディエールは、インターネット広報技術を世界に伝えるWebサイト、『まちづくりPRネット』をグランドオープン致します。

ビジネスブログ利活用によるネットPRを中心に、ホスピタリティ産業としての“まちづくり”に欠かせない理念の創出と、Webリテラシー習得ノウハウを伝達して参ります。


[ YouTube サンベルディエールChannel より配信している動画 ]

地域振興に仮説を立て、実践により検証したネットPRノウハウを、さらに極めて参ります。 “すべての地域を元気にしたく” WebMaster 菅野敦也

「すぐやる!」技術、ビジネスブログで地方活性化!?

読了所感と地域ブログと御礼のページ


「 すぐやる!技術 」

久米繊維工業蠡緝充萃役社長、明治大学商学部講師、東京商工会議所IT分科会長、墨田ブランドアップ推進会議委員ほか、数々の重責を担う現役経営者の著書『考えすぎて動けない人のための 「すぐやる!」技術』を読了。

著者は、『メール道』『ブログ道』とヒット書籍を連ねる久米信行氏。

実戦で鍛えられたビジネスアスリートならではの、強い説得力にしびれてしまう。 うねるネット社会を生きねばならない学生諸氏こそ、この御仁との邂逅が必要だろう。 旧態依然のリスクを知り尽くす、先端のネットワークビジネスの先導者。

氏の著作は若手ばかりか、古典的組織にも即効性がありそう。


「 すぐ書く!ブログ 」

氏をブログの先達として私淑し、地域ブログを運営する私。 ブログによる墨田区街おこしの試み など、久米社長に学ぶこと、山の如し。

Q15. 空気を読みすぎて行動できない(同著P80)、に綴られた『ヨソモノ・ワカモノ・バカモノに活躍してもらうこと』の一文に、妙に元気づけられる。

なぜなら、2年半前に移住してきた私は、まさにヨソモノでバカモノ。 ――好きなことに没頭できる「バカモノ」感覚(P82より引用)。 好きではじめた地域ブランディングの成果も見えはじめ、街ブログが地域活性化の役に立つと確信した今日。

久米氏がブログで発信する指南に感謝を込めて、すぐやる!と思い立ち。 本エントリーでお礼を申し上げる次第。 いつもありがとうございます!!

地域ブランディング構想、岡山を人気者に!!

街復興の軌跡の中で、神戸ルミナリエ。 2008.12.1

しっかり記録しておきたい備忘録のページ

神戸市役所24階展望ロビー(無料開放) 2008.12.1
「 流れる時を刻みたく 」

2008年12月1日(月)、岡山より高速バスに乗り、隣県の政令指定都市、神戸市の街づくりを見学

憧れの港町は折しも、ルミナリエ準備の真っ最中でもあった。

大阪市に事務所を置く販社の神戸営業部に所属し、枚方市で揺れを体感した私の当時の記憶は、今なお新しい。 被災3日後に会社の自転車を借り、課員宅の復旧に尼崎市から西宮市へ向かった。 人の心情と、逞しさを学んだ1年間。

再興の想いを共有した街の、復興のスピードに驚いた。

[ 心に響くYouTubeの動画、神戸ルミナリエ2007 ]


神戸ルミナリエ2008は、2008年12月4日(木) - 15日(月)。

神戸ルミナリエ会場、希望の灯りを望み。 2008.12.1
「 安らかに、健やかに。 」

それ以降、その体験を私はあまり語らなかった。 お手伝いは当然で、復興の推進者ではないのだから。

稚拙な伝承は、役に立たないと考えていた。 だけど今、私淑する渡邊美樹氏の著書『強く、生きる。―夢とともに人は成長する by Amazon.』を往復の車内で読み、氏の死生観に影響を受け、記録しようと再考す。 街復興に敬意を払い。

どの地で恩恵を授かろうとも、先人が紡いだ歴史の上に生かされ、命の連環を実習する私たち。 なれば感謝を込めて、安らかに、そして健やかに。

素晴らしい神戸の1日を、今日もありがとう。

のんびり岡山、ゴールデンウィークの街並みを!!

岡山市の黄金週間をレポートするページ

桃太郎大通り(岡山市)のオープンカフェ momo-cafe
「 岡山のまちかどカフェ 」

画像はオープン・カフェテラス、momo-cafe。

街路樹の若葉が芽吹く2008年4月29日、JR岡山駅を結ぶメインストリート、桃太郎大通り初のストリートカフェが爽やかにオープン。

この momo-cafe は、街カフェ養成塾、JAZZ & nightcafe in 柳川など、街カフェを通じて楽しい町づくりを目指す、まちづかい塾が運営。

アートが身近になれば、明日が変わる。 やがて人も街も、世界だって変えられる。 きっとそこに、笑顔や、幸せがあるはずだから。

そんなメッセージを発するWebサイトは、『 岡山のまちづかい塾 』。

桃太郎大通りカフェテラス momo-cafe は、2008年4月29日より雨天を除く土曜と日曜日、5月3,4,10,11,17,18,24,25,31、6月1日まで開催とのこと。

[ 青バルーンで開催場所を今すぐチェック!! ]

大きな地図で見る

おもてなしのベーカリー「パン屋ホトトギス」 2008.5.4「 旨し食材は岡山の日曜朝市で! 」

(画像は2008年5月4日(日)、備前岡山京橋朝市 にて)

今日はニッコリ笑顔が日の出ほど眩しい、バイリンガル・パン屋さんの天然酵母ブレッドを購入することに。

自家栽培の赤米入り?古代米食パン(Red Rice Pullman Bread)の豊かな風味にもっちり感が加わり、表現するには難しい美味しさも(驚)。

詳しくは『 パン屋ホトトギス・オフィシャルブログ 』より

優しさ漂うパン屋さんのブログに、岡山の古民家を舞台にした ほのぼのブログ『 ポトトキツの隠れ家 』も、思わず紹介したくなりました(嬉)。

是非とも頑張って!! 応援しています

春の宵待庭園コンサート in 岡山後楽園 2008.5.4
「 春の宵待庭園(よいまちていえん) 」

(画像は2008年5月4日(日)、岡山後楽園にて)

先日、れんげとツツジ色づく後楽園 にて ご紹介したビッグイベント、夜間特別開園「後楽園 春の宵待庭園」をさっそくレポート。

ライトアップに浮かび上がった日本庭園の幻想的な空間で奏でられるクラシックコンサートは、まさに時空を超越する芸術作品。

江戸時代にはその当時ならではの、そして春の宵待庭園ならではの愉しみ方など。 夏の 幻想庭園 もまた、待ち遠しくなりました。

ゴールデンウィークの岡山も、やっぱり宵待(良い街)!?

サーチ & ソーシャル・ボタン

カテゴリー・プルダウン
ページ・ビュー数 速報

    スポンサード・リンク ほか
    Social Media / SunVerdir
    Blog パーツほか
    岡山人ブログ|岡山のステキなブログが満載
    月別コンテンツ一覧
    • ライブドアブログ
    ハッピーポータル ソーシャル起業、スタートアップ。健やかな未来のビジネス・アイデアも。