ハッピーポータル

幸せへの物語を綴る前向きな日乗(時々)

オーサーランク

グーグル・オーサーシップ ( Google Authorship ) @ 岡山.

Google Authorship Markup ほか

グーグルオーサーランク ( Google AuthorRank )
おもしろきコンテンツ創作の時代

2013年3月23日〔土〕。日経朝刊トップの見出しは『ネットで小口資金調達』で、金融庁がクラウドファンディングの仕組みをベンチャー育成の新手法として検討している、という内容。

常日頃、時代は激変している、とか、市場は一夜にして豹変する等々ネット上に駄文を垂れ流しているワタクシ。ブログでは都会に立遅れ、ソーシャルメディアで他府県に水をあけられ、クラウドコンピューティングにおいては周回遅れの地方都市で私は、「頭のおかしなヨソモノがいるぞ。いな、奴はオオカミ少年か…」くらいに処理されているわけですが、ここにきてソーシャルメディアを巧みに活かした他の地方都市の成功事例が聞こえてきたり、ネット選挙の解禁が現実味を帯びたりワクワクするなか、今度はクラウドファンディングのネタが一面トップ。 まさに、ソーシャルグラファー(次世代型のWebマーケター)の時代が、キタ━(゚∀゚)━! という感を禁じ得ないわけであります。ハイ。 そうした折柄、オーサーシップの話題が急速に持ち上がる。

自称 Webマーケターの私が Google Authorship について知ったのは、いつもお世話になっている Web担コラム『グーグルの検索結果に「著者」として自分の名前と写真を出すGoogle Authorship Markupの設定方法』のお陰様。実践至上主義のボクは、ほどなく実装。解説に従い、Google+へのリンクにアンカータグ属性「rel="me"」を追加した。そうして時は経ち、2月10日をすぎた頃、eメールが届く。Google 著者情報プログラムのそれ。検索インデックスに登録されてるマイページ・リストに基づき、検索結果ページに作者情報が表示される塩梅になっていた。

4年ほど前のマイ・エントリー “ プロフィールSEO ” は、今このように著者情報(本人情報)が問われる時代を獏と描いて書いたもの。ビジョナリーとしての技量はまだまだ衰えていない様子で、とても嬉しく感じます。 コンテンツの質の高さが適正に評価される環境整備に感謝し、歓迎し、これからの生きる楽しみを創作活動に充てようと存じます。 Thanks ! Authorship !!


アップロード日: 2011/08/09 Matt Cutts and Othar Hansson discuss
how to connect authors with their content using authorship markup.


おかやま専門家 NAVI 。 Author Rank(オーサーランク)と、創発プラットフォームなど。

情報リテラシーの重要性を体感するページ

おかやま専門家NAVI
おかやま専門家NAVI、はじまる 」

まず急ぎ、岡山県産業振興財団さん運営の、専門家検索システム “ おかやま専門家NAVI ” の新設に際し、厚く御礼申し上げます。

こうした新たな仕組みが地域の健やかな未来に活かされるよう応援シェアに努め、報恩感謝しようと心いたします。これからも宜しくお願い申し上げます m(__)m

と、早速マイページ(右上)を作成。 この作業をサクサクっと進めるなか、情報リテラシーは次代のマーケターに欠かせない素養。と痛感した次第です。 「御社の製品・サービスをプロモーションいたします!」と言い放ってはみたものの、みずからのプロフィールページが陳腐なものであらば、声掛け頂く機会はおそらく皆無。ソーシャルリクルーティングが普及するように、専門家市場のオープン化も急速に進み始める昨今。あぁまた…毎度お馴染みの……という企業と専門家のミスマッチをおかやま専門家NAVIは減らすばかりか、さらにはグローバル市場を見据えた新しい発想が得られる「創発」のプラットフォームとして機能する。

そんな期待を抱かずにいられない只今。そぅありますよう精進いたします ^^。 と、折しもソーシャル市場では、Author Rank(オーサーランク)に関する話題が静かに進行((このネタも、『ブラックスワン』の著者 タレブ氏が指摘するように、一ヶ月も経てば誰かが「あぁオーサーランクね」と、あたかも既に悟っていたかのように語られるわけですが……^^;))。 創作に励む人の Google社による信頼度評価、ランキング。というのが現在の私の認識です

で、オーサーランクとは? ⇔ 急ぎ、グーグル検索窓に「まちづくりPR」と入力、クリック…いかがでしょうか。 引き続き「サンベルディエール」でクリック、「幸せへの一歩」でクリック諸々。ロボスーツと握手している青アイコンの中のワタクシがニンマリ^^ していたり。

さぁて当該ロジック、設定方法諸々。その先は、SEOmoz さんの『How to Prepare for Author Rank and Get the Jump on Google』をご参考に! では、また時間のあるときに !!




サーチ & ソーシャル・ボタン

カテゴリー・プルダウン
ページ・ビュー数 速報

    スポンサード・リンク ほか
    Social Media / SunVerdir
    Blog パーツほか
    岡山人ブログ|岡山のステキなブログが満載
    月別コンテンツ一覧
    • ライブドアブログ
    ハッピーポータル ソーシャル起業、スタートアップ。健やかな未来のビジネス・アイデアも。