ハッピーポータル

幸せへの物語を綴る前向きな日乗(時々)

シグナリング

コンテクストSEO理論、レシピmomo.モデル検証。 ( 13頁 )

文脈SEOに関する仮説検証シリーズの13ページ

『 レシピmomo. 』 トップページ画像
「 検索結果の不確実性を読み解く!? 」

前頁にて掲載しております『レシピmomo.』アクセス数の推移予測に続けます。

―― さて09年5月、“レシピmomo.データ推移予測(2頁)”において、「9月末にて300/日アクセス程度〜」の一文を掲載。 しかし、8月9日のアクセス数228を天井に急落をはじめ、8月30日は、41アクセスのレシピmomo.。 的中しますでしょうか(9月1日の記事)。 ――

とりあえず的中したとも云えますが、今後も暫く注視したいと思います。


「 サイト人気化のシグナリングかも 」

2009年9月22日、『レシピmomo.』の1日アクセス数が初めて、300を突破。 最初のピーク、7月9日の200超を天井に、その後は急落。 8月26日には、37を記録。

眺めるほどに、ダイナミックに乱高下する株式チャートのように見えたりも。

相場の定型文脈に倣えば、IPOの注目を浴び、一旦、高値を付けて暫く底練り。 思い出したように動意付き、高値圏でもみ合い、その後は急落。 あらためて急騰、暴落を繰り返し、徐々に人気銘柄として安定的な成長を魅せ始め。 と、なりましょう。

Google Anlytics の軌跡は、09年4月に描いたイメージに大体、一致(嬉)。

Analytics推移 (2009.4.01-2009.9.29)
( 直近のアクセスデータ推移を比較するための簡易ツールとして、YAHOO!ログール版『幸せへの一歩』、『レシピmomo.』の閲覧をご提案致します。 )


そうして次の課題は、“レシピmomo.データ推移予測(2頁)”に記しております「経験則より、アクセス数の親子逆転は、2010年2月頃と予測致します〜」のフレーズにご注目。 前後の文脈からして、具体的に1500アクセス/日、と読み取れます。

2010年2月頃、『レシピmomo.』のアクセス予測が連続して的中し、サイト人気化のシグナリングとしての評価を得られるなら、とっても嬉しく思えるのですが。

検索エンジン結果ページに頼るアクセス推移は、気まぐれだから…。


『コンテクストSEO理論、レシピmomo.モデル検証』13頁は、ここまで。

サイトのアクセス解析に際し、某かの法則を探求する研究者の方々と、コンテクストSEO理論仮説の検証を次号に続け、成果を共有したいと願っています。

コンテクストSEO理論、レシピmomo.モデル検証。 ( 9頁 )

文脈SEOに関する仮説検証シリーズの9ページ

『 レシピmomo. 』 トップページ画像
「 ウェブ社会のステルスなお話 」

前頁では、脈絡SEOというシグナリングのためのキャッチを捻出しておりました。

さらに今号は、ステルスSEOと呼びたし、見えない検索エンジン最適化につきまして。

ウェブカタログに掲載頂いた『レシピmomo.』のアクセス解析データが落ち着くまで、コンテクストSEO理論の検証から脱線するのですが、今しばらくウェブ社会の新しいビジネスプロモーションに関し、論述したいと思います。

ウェブ社会の自分ポータルサイトの小噺も宜しければ。

『 レシピmomo 』 目次ページ画像
「 脈絡SEOを可視化する 」

脈絡――。 一貫した筋道。すじ。つづき(goo辞書「大辞林 第二版」より)。

脈絡SEO――。 一貫した筋道を歩むサイトは検索エンジンに評価され易い、コンテクストSEO理論(8頁)で立てた仮説。

ここで謂うインターネット上の“一貫した筋道”に関し、ページランクの動作概念図をご参照願いたく(もう、お察しのことと存じます)。 ウェブサイト評価アルゴリズムにおいて検索エンジンは、どこから貼られたリンクを重要視するのか。

私の場合、あるWebサイトを評価しようとした時、まず、サイト運営者のプロフィールやコラムを探します。 サイト制作の目的は、今後の運営方針は何か、理念や想いなど発想の源流はどういうものか。 その思考によって判断したく。

一貫した筋道を歩むサイトを私は、反射的に高く評価してしまう。 一方、いかに美しいデザイン、喧伝力の強いレイアウトであろうとも、ページランク動作概念図のリンク先に違和感を覚えた時、当該サイトより静かに立ち去ることになる。

そんな人の行動を検索エンジンが推察しているならば、ウェブ社会の新しいビジネスプロモーションは、Webプロフィール作成を優先すべきかと。 なぜなら、Webプロフィール(こと、Googleプロフィール)は、検索エンジン直轄なのだから。

それは検索エンジンに名刺を渡すのと同義であり、そこに一貫した筋道があるなら両者間に信頼が築かれ、検索エンジンは、運営サイトもプロフィールも他に優先して紹介してくれる。 見えないビジネスマッチングとでも申しましょうか。

思わず“ステルスSEO”と言葉で遊んでみたくなり……。 “ウェブプロフィールのすゝめ”によって案外、ウェブ社会を豊饒にできるかも知れませんね。

( 直近のアクセスデータ推移を比較するための簡易ツールとして、YAHOO!ログール版『幸せへの一歩』、『レシピmomo.』の閲覧をご提案致します。 )


『コンテクストSEO理論、レシピmomo.モデル検証』9頁は、ここまで。

ウェブ社会の到来を直観的に感じている方々とともに、コンテクストSEO理論の演繹的推理を進展できれば幸いと考え、次号に続けて参ります。

サーチ & ソーシャル・ボタン

カテゴリー・プルダウン
ページ・ビュー数 速報

    スポンサード・リンク ほか
    Social Media / SunVerdir
    Blog パーツほか
    月別コンテンツ一覧
    • ライブドアブログ
    ハッピーポータル ソーシャル起業、スタートアップ。健やかな未来のビジネス・アイデアも。