ハッピーポータル

幸せへの物語を綴る前向きな日乗(時々)

国家戦略特区

都心循環BRT、岡山ビッグバン。路面電車延伸(LRT化)という不毛な諍いを鎮め、健やかな未来を築きましょう!

天神ビッグバン(福岡市)を研究するページ
イオンモール岡山と後楽園は、未来カーの両輪。 街なか回遊を促すために岡山市がクリアすべき 2つの課題とは。

「 福岡市の都心循環BRTに注目 」

2015年4月。福岡市では天神ビッグバン構想を支えるため、BRT(バス・ラピッド・トランジット)を採用する新たな交通(都心循環BRT)プロジェクトが始動しています。他方、2015年11月には新潟市の新バスシステムがスタート。

地方創生の掛け声のもと、政令指定都市間において既に激しい大競争が始まっており、岡山地方の健やかな未来を考える私も2014年2月『イオンモール岡山と後楽園は、未来カーの両輪。 街なか回遊を促すために岡山市がクリアすべき 2つの課題とは。』および、2015年8月『BRT(Bus Rapid Transit) 岡山市の公共交通デザインを、次の世代と一緒に考える、お都ビ研フォーラム for 2030年.』等のエントリーを以って、地域における提案を継続しています。


数値を掲げ、費用対効果を説明するクレバーな、福岡市の高島市長 」

国家戦略特区をトリガーにしたプロジェクト。新たな空間と雇用を創出する『天神ビッグバン』 始動!において、〜 2,900億円の建設投資効果と毎年8,500億円の経済波及効果 〜という表現は余りに眩しい。一方、岡山市に費用対効果の観念は乏しく、しかも岡山市民に何ら説明することなく奇妙な施策を強行するので先般『公金投入、誰のため !? 岡山芸術交流(Okayama Art Summit 2016)と、路面電車等の受益者とは?』を配信、問題提起したところ。

※ ご参考 “ 地方創生。地域行政が為すべき重要課題の虎の巻(…汗) ”
Transforming Our World: The 2030 Agenda for Sustainable Development ☆彡
地球レベルで恒久平和を実現するには、あまねく貧困の撲滅は不可欠。193の国連加盟国が2015年9月に合意したアジェンダ案 “ 私たちの世界を転換する: 持続可能な開発のための2030アジェンダ ” には、次の世代のための街づくり、地方創生の課題が盛り沢山! ソーシャルビジネスのヒントも満載。地域おこしを語る人、必見のアジェンダです。


岡山市の路面電車の延伸(LRT化)は不毛

2015年12月17日。岡山市民提出の、反対陳情と慎重審議を求めた陳情が賛成多数で採択されており(『路面電車 平面乗り入れ案、市民の反対陳情採択 岡山市議会 / 岡山』by 毎日新聞さま)、実質的に岡山市の路面電車延伸の可能性は蒸発。このたびの路面電車プロパガンダは傀儡市政、偏向報道、御用学者を擁した路面電車推進派の総力戦であったため、敗戦の反動は大きく、必然的に予想されるのは路面電車の廃線気運の醸成

既に役割を終えた無用の路面電車の延伸議論そのもの噴飯で、不毛


都心循環BRTの街づくり、岡山ビッグバン

ぼちぼち結論。健やかな地域の未来のために、岡山市まち・ひと・しごと創生総合戦略を意味あるものに導くためにも、岡山市の街づくりにおいて新交通システムの構築は必須で急務。従い再三となりますが私からの繰り返しの提言は、下記の三つ。

1. 岡山の瀕死の公共交通を再生するための「岡山市交通局」の創設

2. 新交通システムとしての「都市循環EVミニバス」新設と保守、運営

3. 岡山市の路面電車の「BRT(Bus Rapid Transit)」への事業シフト

BRT(バス・ラピッド・トランジット)を導入し、岡山市の公共交通を再生しましょう!




追伸) この提言を実現するには市民レベルの協力、協業が不可欠です。

岡山の路面電車延伸の可能性潰えた今、推進派の皆さまにおかれましては籠城して壊滅するのではなく、BRTのために開城(マインドチェンジ)いただければ至極幸い。一騎当千のサイバー戦士のワタクシ。岡山ビッグバンに臨み、来るアライアンスに備えています。

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

岡山市交通局の新設がもたらす8つのメリット。 “ まち・ひと・しごと創生本部 ” との協業を考える。

おかやま創生総合戦略のページバス停だらけの岡山市の、交通渋滞問題の本質。


深刻な問題の共有から始めよう

民間企業だけでは整備できない公共交通事業の歴史的丸投げにより、ガラパゴスな公共交通システムが温存される岡山市。

軌道や架線の保守・点検に莫大なコストが浪費される非効率かつ時代錯誤の路面電車が街なかに陣取り、その回りをガラガラの大型バスが爆走する、バスだんご運転の名所とも。路面電車に加え、循環バスが参戦し、10社に迫る民間企業は群雄割拠を繰り返す。補助金で延命されるゾンビ企業群ゆえ自然淘汰は捗らず、合従連衡は進まず、岡山駅東口バスロータリーを主戦場とする民間事業者の諍いは果てしなく続き、岡山市は未だに戦国バス時代。従い公共交通システムはバラバラで、岡山に暮らす者さえどのバスに乗ればよいのか検討つかず。公金無駄遣いで損を蒙り、困らされているのは結局。市民、県民、来訪者


取り急ぎこの事態は将来世代にツケを負わせる、とても深刻な問題だ。というシグナリングの継続とともに、止むを得ずソーシャル署名キャンペーンをスタートアップ。


 さっそく。
 岡山市交通局の新設が何故、公共交通を再生するのか。
岡山市交通局が担う、8つの役割

1. “ 岡山の公共交通問題 ” の責任の所在を明確にする、政策局
交通政策を立案し、主体的に遂行するための岡山市交通局
利害得失に揺れる民間では改革できない公共事業を担うSPC

2. 速やかなる “ 岡山市内のバス路線の整理、および再編等 ”
※ バス路線図の共通プラットフォーム創り、システムの統廃合
※ 岡山市民や来訪者のためのパーク・アンド・ライドの創設

3. “ 10社に迫る公共交通事業者の精算、統合 ” 身を切る改革
ゾンビ企業への花咲じいさん的バラマキ補助金の減額、廃止
ナンセンスなJR吉備線LRT化を阻止する政策立案部署として
請負事業者のためではない、市民のための公共交通の実現

4. “ 10社に迫る公共交通事業者への、廃業のすゝめ ” 提案
※ 不採算路線を市営化し、市民視点で公共交通事業を再生
岡山市交通局だから出来る、集中と分散の公共交通機関

5. “ 路面電車事業を1円で買い取り ” 廃線プロセスを策定
次世代型の交通システムへの人員配置、新規事業の創出
岡山市交通局にしか出来ない、岡山史上最善の公共改革

実現を確かなものにする “ 公共交通改革特区(地方創生特区)

6. 街づくり “ 岡山市のグランドデザイン ” を創るメイン部署
公共交通にイノベーションを巻き起こす創造センター
岡山の公共交通事業の再生は、街づくりの1丁目1番地

7. “ 循環線 おかやまコミュニティEVバス ” 実現プログラム
※ 後楽園〜岡山城〜表町。目指せ 回遊の街 日本一

8. “ おかやま桃太郎大通り歩行者天国 ” 回遊促進PJ
※ 新幹線ホームから観える、世界一の大通りを創生
※ 岡山の公共交通の再生を地方創生特区へ繋げよう !!


上述。「岡山市交通局」の新設に際し、現状のガラパゴスな公共交通システムを温存してしまった岡山市や岡山県だけでは余りに難しい。ノウハウを持たない彼ら独自では、膨大な費用と時間を費やしてしまうため、どうしても “ まち・ひと・しごと創生本部 ” との連携、協業が必須と考え、Change org.利活用のキャンペーンの提言先に設定させて頂きました。



[ YouTube HitachiBrandChannel さんのチャネルよりシェアした啓発動画 ]


上記エントリーのラストの行、総括より。

営業距離の短いJR吉備線に160億円超の公金を浪費してしまえば、『岡山市(岡山県)の公共交通機関の問題の本質』は解決されるどころか、未来の公共交通インフラ(街づくり)の選択肢は潰えて、岡山の公共事業の息の根は完全に止まります

何故そんな愚策が進行するのか…。
それは岡山県民・市民のためにあるべき公共交通事業が全て民間に丸投げされており、生き残りをかける請負業者の、事業そのもの公共性を欠いてゆく。おかやま都市交通戦略連携会議等は民間企業の既得権益に配慮するための集会であり、その辺りから企画・立案される公共交通事業は事業者の利益を優先する内容に陥り易いと謂えましょう。

だからこそ、岡山市民の視点で公共交通政策を立案し、群雄割拠の民間企業の整理、統合を敢行。あらためて真の公共交通事業を担う部署としての岡山市交通局が必要になるわけです。岡山市が今スグ取り組むべきは、JR岡山駅前への路面電車の延伸や、よもやJR吉備線のLRT化ではなく、公共交通事業の責任をワンストップで負うことのできる、岡山市の政策局としての岡山市交通局の創設。ご理解いただければ嬉しく有り難く想います。


より健やかな街へ! おかやま都市ビジョンを実現に導く、20の提言(まちづくり事業、協働プロジェクト)。

地方創生 おかやま創生総合戦略のページ
おかやま都市ビジョン研究会 Webサイト

オピニオンはゆっくり醸成されるもの

地方の魅力を発信するFacebookページ あいらぶ岡山 を運営したり、おかやま都市ビジョン研究会 の広報Webサイトを開設したり。

そのなか今年12月。イオンモール岡山のグランドオープンを控えているからか、大学による街なかまちづくり拠点「西川アゴラ」の創設に引き続き、経済団体による「おかやまスポーツプロモーション研究会」が設立されるなど、まさに今。『将来ビジョン、まちづくり創生に華咲く岡山市。』と化し、岡山県民・市民による地域おこしが活況の様相を呈したり。OCVLまちづくり会議に参画する私も嬉しい限り。なれば引き続き、経産省「まちげんき」の成功事例の紹介など含め、まちづくりの先端情報のシグナリングに傾注したいと想います。


そうして上述。おかやま都市ビジョン研究会まちづくりカンファレンスも佳境を迎え、わたくし的にはサイバー空間から発していた提案事項を、リアル社会の研究プラットフォームに展開し、オピニオンを醸成すべくタイミングを測る頃合い ^^。とっても楽しみ。

そこで少々手順について解説など。まず始めに、まちづくりの起点は、夢とロマンに満ち溢れた壮大なグランドデザイン。さらに求められるのは、それを実現するための都市ビジョン。引き続き急がれるのは、都市ビジョンを実現するための具体的な事業。あるいはプロジェクト。そのプロジェクトの成否を握るのは、実にロードマップ(工程表)で、これが重要。


プロジェクト・チームを経験した人なら誰しも分かることだと思うのですが、ロードマップはプロジェクト・リーダーおよびメンバーの活動指針であり、行動の思想が可視化されたもの。この工程表により事業の成否は決まる、と言っても過言はありません。そのとき OCVL のロードマップを作成くださったプロジェクト・マネージャーは経験豊かな辣腕の御仁で、感謝するばかり。来年6月、デッドラインに向けて粛々プロジェクトをリードしたいと存じます。

 早速わたくし菅野の、20の協働プロジェクトの提案を。
住民と住民による協働プロジェクト

1. “ おかやま都市ビジョン研究会まちづくり会議 ” 進行プロジェクト
岡山まちづくり1000人委員会(〜2015年6月、累計1000名参加)
※ 自治体がスルーできない県民による住民参加の OCVL 活動
TEDxTokyo が見学に訪れたくなる TEDxOkayama の創出

声を大にして伝える。オープンであること、未来思考であること。凄いアイデアには国境(県境)がない――。 来年6月1日、岡山市民の日。やりますか !?

2. “ グーグル使い倒しの街おかやま ” 情弱返上プロジェクト
※ グーグル社の無料のプロダクトを全市民が使えるようにする

3. “ まちづくり団体とのアライアンス ” を促進する取り組み
西川アゴラ、SPOC等との連携を深め、創発機会を模索

4. “ シビックテック。Code for Okayama ” 推進サポート
※ 是非とも実現したく、IT研究チームへのエールとして

5. “ 尾道市立 土堂小学校 ” に学びましょう提案
※ 子育てチームの研究テーマをアシストしたく

6. “ 記念日文化で地域おこし ” イベント活況プログラム
※ リピーターを育む、記念日活用手法の研究プロジェクト

7. “ 地域の魅力を世界へ発信。秘訣をこっそり四方山話 ”
※ Facebook ページ「あいらぶ岡山」運営で得られた肝を開示

8. “ 職権乱用、ダメ。ゼッタイ。ならぬことはならぬ運動
岡山の社会の構造問題を理解しておくことも大切

住民と行政による、まちづくり協働事業

1. “ 循環線 おかやまコミュニティEVバス ” 実現プログラム
※ 後楽園〜岡山城〜表町。目指せ! 回遊性 日本一!!

2. “ 岡山市交通局の新設を実現 ” 官民協働プロジェクト
※ 機能不全に陥って久しい岡山市の公共交通再生事業

3. “ おかやま桃太郎大通り歩行者天国 ” 回遊促進PJ
※ 新幹線ホームから観える世界一の大通りを創生

4. “ おかやま駅前ペデストリアンデッキ ” つながる構想
※ 歩行者天国を実現する、ピークパフォーマンス事業

5. “ おかやまマラソン花道づくり ” プログラム
ランニングおかやまプロジェクトの一環として

6. “ リバイバル。おかやま観光特区 ” 再提言
国家戦略特区に関するリターン・マッチ事業

7. “ まち・ひと・しごと創生本部とコラボ ” 協働事業
※ 住民と行政による社会実験を兼ねた事業コラボ

8. “ 資生堂パーラー、庭椿、城椿 ” 後楽園活性化事業
※ 金毘羅さん人気の資生堂パーラー “ 神椿 ” に倣おう

9. “ 農業王国おかやま、IT、ロボティクス ” 研究チーム
※ プロジェクト・リーダーは是非、T氏にお願いしたく (^^)人

10. “ おかやまIT鮮魚流通 株式会社 ” スタートアップ
※ これまたT氏にお願いしたい農林水産ITプロジェクト

11. “ おかやま国際音楽祭おかえりなさい! ” プログラム
※ 岡山県出身、県外で活躍するアーティストの招聘事業
プロジェクト・リーダーは是非とも、A氏にお願いしたく (^^)人

12. “ 自動運転車おかやまモデル ” 研究開発プロジェクト
※ 2020年に向けて、OVEC の存在を価値あるものに!

追記. “ おかやまソーシャルインパクト債 ” プロトタイピング
チームK・I プレゼン「学生企画納税」実現フォロー研究



県民・市民の穏やかな連携により、健やかな地方の未来を考える!

岡山県の地の利や、天然リソース。恵まれた晴れの国の利点をキッチリ活かせば “ 日本一快適に暮らせる街おかやま ” の実現は難くないと確信しているワタクシ。地域社会を現場で支えてくださる頑張るプレイヤー皆さまのアイデアを引き出し、あるいはアイデアを温めている人々を探し、現場主義に則り、未来をより健やかにするための “ おかやま都市ビジョン ” を県民・市民の手で創る、実りを伴う活動が極めて大切と考えています。

おかやま都市ビジョン研究会や “ 岡山未来づくりプロジェクト ” はもとより、健やかな岡山の未来を実現しよう!という崇高な目的において一致する、あまねく地域おこし研究会と緩やかに連携することで、岡山の近未来のグランドデザインは洗練されてゆく。そのように考え、“ まちづくりPRネット ” より各々研究会に協業を呼びかけ、創発のプラットフォームを整備して、来たるその日に向けて備えて参ります。よろしくお願いいたします !!



[ YouTube PanasonicVisualsCo さんのチャネルよりシェアしたイメージ動画 ]

まち・ひと・しごと創生特区。おかやま観光特区(国家戦略特区)に再チャレンジ! 世界が恋する、桃太郎大通り !!

おかやま地方版総合戦略のページ

JR岡山駅からのぞむ桃太郎大通り
歩いていこう! 晴れの国おかやま世界一

先般、歩行者天国。日本一の桃太郎大通り!をキャッチに掲げ、構想エントリー。その実現を考えるとき、まち・ひと・しごと創生本部の新設は見事にタイムリー。


上述。一度は夢破れたおかやま国家戦略特区構想ではあるけれど、命のある限り、健やかな街の未来を想い描いて再チャレンジしたいと存じます。それも日本一などスケールの狭い内容じゃなくって、まち・ひと・しごと創生本部のヤル気のある方々から「よしっ!それ。国家戦略特区でいこう !!」と再評価を頂くために、概念フレームを世界レベルへ拡張。お訪ねしたことのないパリの、歩いたことのないシャンゼリゼ通りをサクサクッとWebで調査し、瞑想しばし。今回のタイトル『世界が恋する、桃太郎大通り !!』を思いつく。その気になれば徒歩でJR岡山駅から西川緑道公園表町商店街、城下へ。さらにカルチャーゾーン出石町〜日本三名園のひとつ、特別名勝 岡山後楽園 & 岡山城まで岡山県民市民はもとより、観光のお客さまが楽しく歩ける回遊コースを創出。イオンモール岡山への人の流れとバランスよく分散できそう。


「 世界でもっとも美しい通り、シャンゼリゼ大通り 」にイメージ重ねたり…。

Avenue des Champs-Elysees July 24, 2009 N1.jpg
"Avenue des Champs-Elysees July 24, 2009 N1" by Josh Hallett - Flickr: The Champs. Licensed under CC 表示-継承 2.0 via ウィキメディア・コモンズ.


そのとき街の景観を台無しにする、企業広告に塗れた路面電車と煩雑な架線にグロテスクな軌道の問題を避けては通れず、そのためにも、まち・ひと・しごと創生本部と連携し、協業する機会の創出が望まれる。本当の岡山市らしさとは、時代錯誤の路面電車ではなくにこにこ笑顔で歩ける晴れの国日本一、回遊性の高い街であるべきだと想います。

歩行者視点に基づく路面電車の難点
・主要(幹線)道路の中央を占有する路面電車は、渋滞を助長・加速
・路面電車の警笛は頻繁に発せられ、心理的リスクの負担は増加
・電車の軌道に歩行者は躓き、ベビーカーはふらつき、自転車は傷む
うらじゃおかやまマラソン等イベント開催時、軌道は危険な障害物
・こと交差点など、路面電車の架線により街の美観は損なわれている
・広告に塗れた路面電車にデザインの統一性はなく、街の資産は低下
・路面電車と右折車両が交錯する“大雲寺交差点”は交通事故の急所

上述。岡山市の路面電車の今後を親身に考えるほど、急ぎ、政令市に相応しい岡山市交通局を創生し、民間事業者の公共交通事業を責任を持って買い取ることから始めたい。岡山県の豊かな天然リソースからして、県都である岡山市が100万都市を目指すことは極自然なことであり、東京一極集中の歪な日本を健やかな姿に変えるためにも、岡山が日本を支えるのだ。そうした気概を携え、次代のまちづくりに臨みたいと想います。

とはいえ莫大な費用の捻出、実現へのロードマップ策定、どうする?

なればこそ、岡山に暮らす私たち。まち・ひと・しごと創生本部おかやま都市ビジョン研究会を協業に導き国家戦略特区など新しい施策を有効に活用。世界の人々が憧れる、世界屈指の環境モデル都市・環境未来都市おかやまを実現したいと存じます。

岡山の皆さま、まち・ひと・しごと創生本部の皆さま。どうか、お力をお貸しください。

政府インターネットテレビ “ まち・ひと・しごと創生本部-平成26年9月12日


世界一の歩行者天国 “ 桃太郎大通り ” には、コミュニティEVミニバスとタクシー専用「トランジットモール」が敷設されている。という基本構想もポイント !!


県民市民によるアドバイザリー機関
仙台駅(宮城県)西口のペデストリアンデッキ
今年4月。高井代表のご尽力により立ち上げられた県民市民による首長のアドバイザリー機関 “ おかやま都市ビジョン研究会 ” に諮りたいアイデアを下記、整理。

1. おかやま観光特区(国家戦略特区)再チャレンジ
2. 〔循環線〕街なか回遊コミュニティEVミニバスの新設
3. 歩く街 ペデストリアンデッキ into the 桃太郎大通り.
4. もんげー桃太郎大通り。歩行者天国、世界一の実現
5. ランナーを称賛 “ おかやまマラソン ” 花道プロジェクト
特命. 駅チカ一等地 “ ペスカ岡山 ” 再生。横丁プロジェクト
番外. おかやま農業ソリューション事業 スタートアップ作戦
番外. 自動運転車等による社会の変遷。研究の継続


ラストの動画は言わずもがな、Aux Champs-Elysees♪

岡山は、世界がアッと驚く秘境である。おかやま桃太郎大通りシャンゼリゼ通りに勝るとも劣らないポテンシャルを秘めている。そぅ私は確信しています (`・ω・´)ゞ 世界一の歩行者天国。桃太郎大通りで “ うらじゃ ” 総踊りができると、いいですね!

ランナーを讃える桃太郎大通り “ おかやまマラソン ” 花道プロジェクトも !!

東京もビックリ! 日本一の歩行者天国 “ おかやま桃太郎大通り ” 回遊プロジェクト始動しました !!

歩いて回遊、おかやま日本一構想のページ
仙台駅(宮城県)西口のペデストリアンデッキ
1997年 - 2006年。営業企画(マーケター)職を担い、全国40超の県庁所在地へ赴いた私は、こと仙台出張が多く、20泊以上50泊未満の機会があったと記憶しています(懐)。東京から東北新幹線で、はたまた大阪伊丹からは仙台空港へ、短時間でアクセスできた杜の都

そのJR仙台駅からは仙台市営の地下鉄で通信キャリアの東北支社をお訪ねしたり、市場調査の際は全国的に有名な駅直結のペデストリアンデッキを渡り、一番町商店街のアーケード辺りを漫ろ歩き。時に仙台七夕まつりを愉しみ、味 太助さんに利休さん。伊達の牛たんさんが旨かった…もとい。ちゃんと仕事もしてましたヨ (`・ω・´)ゞ

と、街を健やかに発展させるための まちづくりにおける連続立体交差に関し、なぜか仙台市を想起する只今。昨日(9月6日〔土〕)おかやま都市ビジョン研究会主催のフューチャーセッションの、今からできる協調アクションの発表の場で「日本一の歩行者天国おかやま桃太郎大通り」構想を掲げたことから急ぎ、本エントリーを配信する次第。



日本一の歩行者天国おかやま桃太郎大通り

構想
JR岡山駅と桃太郎大通りをペデストリアンデッキでつなぎ毎週 日曜日(社会実験の結果により土日)おかやま桃太郎大通りにおいて歩行者天国を実施

狙い
おかやま県民おかやま市民、岡山県へ来訪くださる方々の憩いの場を創出

期待される効果
徒歩による街なか回遊を促し(公共交通の利用促進によりマイカーや自転車の街なか流入を減らし)、1. 皆さまの健康を促進するとともにJR岡山駅と岡山後楽園、岡山城、表町商店街等を結ぶことで、2. 観光およびショッピング(飲食含む)需要を創出。全停車する新幹線や県北〜四国を結ぶ在来線の車窓から観る日曜の桃太郎大通りの光景は、ぞろぞろ大勢の人々が楽しそうに歩いているそれであることから、3. 旅人や出張者は岡山で途中下車したくなり、その結果、岡山は巨大な経済効果を得ることに。サクッと主要な3点のみならず、

岡山に移住したくなる人はもとより、出張途中の宿泊地を岡山に決める人、さらには岡山への進出を希望する企業も増えるかも知れません(企業誘致効果 ^^)。

クリアすべき課題
岡山市(岡山県)公共交通機関の、問題の本質。行政の役割とは。 住民では出来ない事業を社会の公器たる企業が担い、社会インフラの整備など一企業では出来ない公共事業を地方自治体が担い、国防等シビリアン・コントロールは国家レベルで担う。そのなか岡山市および岡山県は、企業だけでは出来ない公共交通事業を民間に丸投げしてきた今秋。不作為問題の表出は必至。新しい公共交通のあり方を、市民視点で考えましょう!

おかやまグランドデザイン
日本一の歩行者天国 “ おかやま桃太郎大通り ” の実現は、目標 2025年 !!




追記
日本一の桃太郎大通りを実現させるとともに、JR岡山駅前のペデストリアンデッキをイオンモール岡山へ、さらに(岡山)県庁通りへ延長し、徒歩による回遊性を日本一に押し上げる。晴れの国おかやまなればこそ、可能性も無限に拡張できると想います ^^。


偏向報道と、ムラ長の憂鬱。 「県民の視点」「市民の視点」に基づき、岡山の首長にお願いしたいこと…。

岡山の未来が健やかであるためにバス停だらけの岡山市の、交通渋滞問題の本質。

既存の事業者と自治体の思惑の一致による公共交通ではなく、「市民のための公共交通機関」を考える契機――。


報道の不正確性・偏向性

東京・大阪に20年少々暮らし、前々職は首都圏、近畿圏を中心に県庁所在地を頻繁にお訪ねする営業企画職(マーケター)だったので、各地域の公共交通機関やタクシーには随分お世話になりました。東京、大阪、名古屋の三大都市圏はもとより横浜、札幌、博多、仙台、京都に神戸の地下鉄、バス、モノレールに、ニュートラムなど個性豊かに発達した様々な公共交通は今なおステキな想い出。大阪〜東京間、東京〜宇都宮、東京〜高崎間は新幹線で、東京〜大阪を含む羽田空港からの地方アクセスの多くは飛行機だったことからANA、JALともにプレミアムメンバーで、羽田、伊丹はもとより、地方の主要空港の待合ラウンジは私にとって、メールチェックや企業のイントラネットにVPN接続する、至高の空間でありました。

一方、かなり億劫に感じていたのは、紙屋町(広島市)へ赴く際の路面電車のチンタラ感。さらに2度ほどだけど、取引先がメガ店舗を津高(岡山市)に出店するというので利用した、岡山駅のバスロータリーで唖然とした記憶は今なお鮮明。10社ちかいバス会社が群雄割拠していて、案内所で尋ねてもよくわからなかったので、仕方なくタクシーで現地を目指した次第。健やかに栄える都会と、旧態依然として出遅れてしまった地方都市。都市間に差が開きゆく成長力において、公共交通インフラが果たす役割は巨大だなぁと感ずるところです。

はてさて岡山県は日本一よいとこだと確信し、移住してから8年目。隔絶されたムラ社会の暮らしを愉しむなか、2014年8月8日〔金〕付の地方紙の路面電車ありきの記事は偏向報道感を漂わせていて、いくらなんでも危険な感じがするので、特記いたします。


社会的影響力を備えた「立法」「行政」「司法」3つの権力に加え、「第四の権力」とも呼ばれる報道機関が公正に機能しなくなるとき、地域の将来は危ぶまれ。戦時体制へと大衆を煽動してきた過去のマスメディアの功罪を忘れてはいけないばかりか、情報の取捨選択において各メディアとの距離の置き方など、メディア・リテラシーを養わなくてはなりません。そうして上述の報道『路面電車の駅乗り入れで4検討案 岡山市、高架化や地下で接続も』を一読たちまち思慮深い皆さまは、「うさん臭い」と感じたことと存じます。その直観の素は、

莫大な公金が投下される路面電車の延伸は、誰のためなのか。市民や来訪者のためか、はたまた特定の事業者のためなのか。目的が明確になっていないから。

1. 記事の構成そのもの路面電車の延伸ありきになっており、路面電車の年間利用に関する数値データ(現状)の提示や、路面電車の延伸による期待(数値予測)など費用対効果の明記はなく、公共事業としての正当性を探そうにも見当たらない。それ以前にJR岡山駅 東口広場への乗り入れに関し、市民の同意が得られているかどうかに触れていない

2. 歩行者は線路につまずき、ベビーカーを押すママはふらつき、レディのハイヒールをへし折り、旅行者のトロリー(キャリー)バッグは前に進まず、自転車のタイヤを痛めつける電車の軌道。何より渋滞の立役者、路面電車のデメリット諸々には一切、言及していない

3. 路面電車に代わる、未来指向の便利な100円均一循環バス めぐりんが駅前ロータリーに進入できない問題。ガラガラの大型バスのダンゴ運転問題など、岡山市の公共交通の問題の本質に取り組まずして、路面電車の駅前乗り入れに躍起なのは極めて不自然

4. 検討案4パターンを提示し、購読者に「選択すべし」という強迫観念を植え付け思考停止の状態に追い込み、一蓮托生の学識者や関係事業者らがご登場。本命の1案に絞られ、路面電車の駅前乗り入れは予定調和。そんな老獪なプロパガンダ工作みえみえ

5. そもそも市民の同意が得られていないばかりか、既得権益の綱引きを伴う一部のステークホルダーにより進められる調査検討会は無意味。路面電車の延伸に際し、莫大な税金が投入され、特定事業者は丸儲け。そんな公設民営方式は、ダメ。ゼッタイ

岡山市の路面電車は地域(未来)の負債――。
市街地を走る岡山市の路面電車は営業キロが中途半端に短く、軌道横をガラ空きの大型路線バスが並走するという奇妙な状況。路面電車の軌道架線の保守点検等に費やされる莫大なコストは、地域社会の大きな負担。既に役割を終えている路面電車を廃線し、同時に、路線バスの再構築とコミュニティバスの新設が急務。

なくて困らないものに多額の公費を費やしてはイケマセン!

公共交通機関が不可欠な岡山県民・市民のためにならない、特定事業者のための路面電車の延伸に躍起の首長さま。職権乱用は、ダメ。ゼッタイ。



路面電車を推進する属性の気味わるさ

まだまだ列記すべき内容は尽きないものの、この散文において問題提起しておきたい大事なことは、「公共交通機関がなくてはならない将来世代のため、そして街を健やかに成長させるために必要な、岡山市の新しい公共交通機関について『市民の視点』で考える時が来た」ということ。加えて不思議なことは、次代を切り拓く肝腎の若い人々の路面電車に対する意見は聞こえない。一方、路面電車を擁護する一部の人達は、総じて高年層に多く、既に公共交通機関が不可欠ではなくなった余裕のある人が多い模様。懐かしいとか、レトロ感がよいとか。公共交通機関は、そういう情緒だけに支配されてはいけないし、人口70万人を超えた岡山市を約40万人の富山市に重ねてもいけない。100万都市を目指そうとしている岡山市の未来を見据え、描いたグランドデザインを基に提唱している人は、推進派には見当たらない雰囲気…。

倉敷チボリ公園を破綻させた世代から、健やかな未来を創造する世代へ !! 』

さらに奇妙なのは、日頃は黒塗りのお車に乗り、滅多に路面電車には乗らないと思しきムラ長達ほど「路面電車の環状化」を吹聴してること。イオンモール岡山が面する市役所筋に、渋滞の千両役者 路面電車を引き込めば、岡山市は全国屈指の交通渋滞の街になる。そんな想像は難くない(ピンチ)。岡山市の路面電車を推進する属性は、既得権益に絡んだ企業や自治体の一部の人と、御用メディアに御用学者。推進派が創設したSPC(特定目的会社)に陣笠連と、昭和レトロを好むファンタジーな人々。総じて彼らは、ラウド・マイノリティー

他方、路面電車には乗らない大多数の県民市民には、要望や不満を伝えるアンケート機会は用意されておらず、サイレント・マジョリティーとして日々危険な路面電車の軌道を渡っています。強権的なボスが路面電車の延伸を連呼するほどに、階層型のムラ社会に生きる人々はダンマリを決め込むか、面従腹背に徹するか…。そんな希望の見えない諦めの社会であるから、健やかな岡山の将来を担う若い世代が選挙に行かない。都市の成長を支える公共交通に関し、次代のリーダーが沈黙させられる街。不気味に想えてなりません。



このまま市民が無関心でいると、公共交通事業を丸投げしている岡山市は、公設民営方式を流用して既存の特定事業者に利益供与したり、ゾンビ企業延命のためメディアと結託し、税のバラ巻きを実行してしまう。それは岡山市民や岡山市への来訪者にとって「使い勝手の悪い現状の公共交通システムを温存させる」ことであり、深刻な渋滞問題を加速させることにもなりましょう。そもそも路面電車の乗り入れ案が4案あるというのは、捨て案が3つで本命が一つ。広告代理店や、組織の企画担当者が使う古い手法。本命に巧みに(時に力づくで)誘導し、最後は「みんなで選んだのっ。連帯責任」という、よくある筋書き。それを見逃せない市民の一人として、将来世代に報いるためにも、マイ・フィードにおいて問題提起を行う次第です。



岡山の首長にお願いしたいこと

岡山の公共交通問題の本質を理解し、支持母体やムラ社会の長老達に気遣うだけでなく、若き市民の視点を携え、抜本的な改善や改革に取り組んでください。

岡山の首長による公共交通を変革するためのアンケートこそ急務!

公正に選ばれた市民の参加なき路面電車の駅前乗り入れ検討調査会は意味を持たず、加えて岡山県庁通りの社会実験は税金のムダ使いと言わざるを得ません。当たり前の結果ながら首長が断念した社会実験の、事業予算の未執行にあたる約6600万円。岡山市の公共交通を再生、変革するため市民、県民、県外の来訪者、海外からの観光客、年齢、性別など様々な属性を対象としたアンケートの実施や、具体的に改革を遂行するためのセクターの新設等、岡山県外の厳格な機関への調査を含めた委託費として補正してみては如何でしょうか。

最後は、批判より提案を。思想から行動へ “ G1サミット ” をご紹介。


社会的ステータスも財も持たない常々時間に追われる非力な私にできることは、サイバースペースから提案を行うことくらい。未来の岡山市が健やかであるために、損を覚悟で継続したいと存じます( ここまでお読みくださり、ありがとうございます m(__)m )。

路面電車の問題を発展的に解消し、シャンゼリゼ大踊りも驚く
世界一の回遊性 “ 歩行者天国おかやま桃太郎大通り ” を実現しよう !!

岡山市(岡山県)公共交通機関の、問題の本質。

市民の視点で考える公共交通のページ

めぐりん。 岡山市内 循環バス
今秋。起きてからでは遅すぎます

2006年に岡山市へ移住して以来、みずからの研究テーマに街づくりを採り入れ、パブリックスペース(公共空間)の有効な使われ方を考えたり、ときに後楽園〜岡山城エリアを観光特区にすべく「おかやま国家戦略特区」構想を創出。首相官邸に提言したりして、地域の未来の健やかな成長に貢献したく日々努めています。そんな折柄、


上記の記事を拝読。もはや岡山市内(岡山県内共通)の公共交通機関の問題の本質を観て見ぬふりするわけには参らず、急ぎ。市内公共交通の諸問題から列記。

岡山市まちなか公共交通の諸問題
・多数の路線バス企業が群雄割拠して、機能不全を起こしている
・バス会社が違えば乗客はおろか、案内所の係員でも分からない…
・JR岡山駅前ロータリーをガラガラの大型バスが爆走、戦国バス時代
ご参考 : “岡山駅(バス路線)” by Wikipedia. : バス停だらけの岡山市

・コミュニティ(循環)バス “めぐりん” は駅前ロータリーに乗り入れできず
駅前ロータリーに乗り入れ可能) 1. 宇野バス 2. 岡電バス 3.下電バス 4.中鉄バス 5.中鉄北部バス 6.備北バス 7.両備バス乗り入れできない) 8.めぐりん 9.路面電車
公共交通の機能不全はマイカーや自転車の街なか流入の促進に加担
( 駐輪場から溢れた多くの自転車により、街なか裏路地はグチャグチャ )
・民間バス会社は不採算路線の便数を間引かざるを得ず、上記は深刻化
・主要(幹線)道路の中央を占有する路面電車は、渋滞を助長・加速
・路面電車の警笛は頻繁に発せられ、心理的リスクの負担は増加
・電車の軌道に歩行者は躓き、ベビーカーはふらつき、自転車は傷む
・こと交差点など、路面電車の架線により街の美観は損なわれている
・広告に塗れた路面電車にデザインの統一性はなく、街の資産は低下
・路面電車と右折車両が交錯する“大雲寺交差点”は交通事故の急所

上述。岡山市内の公共交通機関の諸問題を解決せずしてマイカーの街なか乗り入れを規制するというのは、まさにオカミの発想であり、本末転倒と謂えましょう。

【 さらに巨大地震等、路面電車が被災した場合… 】
軌道の寸断、架線が倒壊した路面電車は忽ち機能せず
全線不通になるばかりか、緊急車両の巨大な妨げになる
重厚な車両の撤去は住民では難しく、復旧の障害物にも
復旧にかかる時間が長大ゆえに復興は長期化してしまう
撤去費用が新たに加わり、LRTの復旧コストは計測不能

コミュニティEVミニバスが被災した場合… 】
・倒壊ビルや家屋の間を縫うように走行することができる
・救急車や緊急物資の搬送等、用途に合わせて早変わり
・被災した車両は、緊急時の電源(バッテリー)として利用
・軽量な車両の撤去は数名で可能で、障害物になりにくい
・他府県から応援(追加)車両を素早く支援してもらえそう

岡山市の路面電車は地域(未来)の負債――。
市街地を走る岡山市の路面電車は営業キロが中途半端に短く、軌道横をガラ空きの大型路線バスが並走するという奇妙な状況。路面電車の軌道架線の保守点検等に費やされる莫大なコストは、地域社会の大きな負担。既に役割を終えている路面電車を廃線し、同時に、路線バスの再構築とコミュニティバスの新設が急務。

なくて困らないものに多額の公費を費やしてはイケマセン!

2012年に岡山市内で起きた深刻な路面電車の事故を彷彿とする記事…。そうして今秋 “ イオンモール岡山 ” の開業による周辺交通への影響は如何ほどか……。

そうやって緩やかな岡山市の成長の歴史の中で先送りされてきた公共交通の深淵な問題は、急成長を始めた岡山市において、もはや放置しておくわけには参りません。誰かが公共交通機関の問題の本質を指摘し、その問題の本質に直面し、根本に対して処方しなければ解決をみることはありません。そのとき健やかな社会を支える交通インフラの重大な問題を浮き彫りにし、権威を牽制して改革を促すべく中立な立場が求められる地元の報道は、驚くなかれ「[社説]県都の予算案 都心再生始動を歓迎する」に読むように、路面電車の駅前乗り入れを支援する側に激しく傾き、その責務は既に放棄されている様子で憂うべく状況。

現状。機能不全に陥って久しい岡山市内の公共交通事業に接し、地方自治体が花咲か爺さんのように補助金をバラ撒いたところで民間事業者を焼け太りさせるだけ。なれば市民の視点に基づく岡山市の公共交通の実現は、百年河清を俟つようなもの。よもやスポンサー企業の顔色を窺うメディア企業と御用学者さん、支持母体への報恩に励むノイジーマイノリティにより公設民営の路面電車の駅前乗り入れ…(涙)なんて事態は、岡山市の都市間競争力を奪い、岡山の未来を公共交通とともに破滅させる行為だから、ダメ。ゼッタイ。観光目的も含め、田園風景を走る「JR吉備線 LRT(次世代型路面電車)化」構想とは似て非なり。街なかを走る路面電車は人口50万人程度の松山市や40万人程の富山市にとって最適な公共交通かもしれないのですが、人口70万人超の成長都市、岡山市では既に交通渋滞を引き起こす、交通事故の原因になりかねない負の側面がクローズアップされるようになりました。私は昭和レトロを懐古する、路面電車が好きなファンタジーな世代ではあるけれど、成長を目指す多くの政令市がそうであるように、路面電車は公営の地下鉄によって博物館ゆきとなりました。




パークアンドライドを実現する地下鉄やBRT(バス・ラピッド・トランジット)は、成長の可能性を秘めた街に対する地方自治体による超長期の公共投資。花の都の東京大阪名古屋横浜札幌福岡仙台京都神戸地下鉄が開通している街の歩道は回遊する歩行者が多く、たしかにステキ。岡山市では路面電車をJR岡山駅前に乗り入れると街の回遊性は向上する…という短絡的な話を時々耳にはするものの、むしろ中長期視点で路面電車を発展的に廃線。歩行者は躓きベビーカーはふらつき自転車を傷めつける路面電車の軌道の難点を解消し、地下鉄または新しい時代のコミュニティEVミニバスの新設を未来視点で検討するほうが、街なかの回遊性は健やかに向上するものと信じてやみません。 なればこそ、次の世代を昭和の時代へ逆行させる、路面電車ファンタジーの押し付けは、なりませぬ。


岡山市まちなか公共交通。問題の本質

“公共交通の群雄割拠問題”を放置してきた自治体の不作為

岡山駅前バスロータリーの問題一つ整理し、事業主体を統合することなく、1. 宇野バス 2. 岡電バス 3.下電バス 4.中鉄バス 5.中鉄北部バス 6.備北バス 7.両備バス 8.めぐりん 9.路面電車等の民間企業に、岡山市(岡山県)の公共交通事業を丸投げした結果責任

群雄割拠問題とは、多数の民間運輸企業による生存競争が生み出す公共交通の機能不全。例えば街なか等、採算の見込める路線はバスの流入超過を招き、渋滞の原因となり、しかも岡山駅前バスロータリーの整理はつかず常に混乱。他方、不採算路線はバスの減便または最悪、廃線に追い込まれ、もはや公共交通機関としての責務は果たさない。街の美観を損なう企業広告に塗れたラッピング電車も、非効率ゆえの過当競争の賜物か。



幹線中央に陣取る路面電車と街なかへ押し寄せる大型バスは、交通渋滞の主役を争う仁義なき戦いを繰り返す。広告だらけで統一感のない車両、老朽化した車体。岡山の公共交通のイメージ色は、ねずみ色。各社の顧客視点に基づく社員教育は行き届いていない様子で、案内所やドライバーさんに行き先や乗り場を尋ねる際に躊躇してしまうのは、私だけかしらん…。各社のホームページは当然バラバラで読みづらく、なかには情弱を想わすHPもあり、岡山市(岡山県)の公共交通機関の機能不全や実質的な破綻を予感するには十二分。

バス停だらけの岡山市の、交通渋滞問題の本質。
バス停だらけの岡山市の、公共交通機関の抜本的改革は急がれます(`・ω・´)ゞ

現状に陥る責任の所在の明確化に際し、民間バス事業者は存続しようとする限り営利企業として利害得失に動揺するのは当然であり、よって不採算路線の便数を減便したり路線そのもの廃止したり、また、既得権益を死守すべく新規参入者との過剰(ときには不当)な競争に臨まなくてはならず、岡山市民のためになるからといってコミュニティバスめぐりんの岡大病院への乗り入れや、JR岡山駅前ロータリーへの参入を許すハズがない。など、公共交通の名のもとボランティア精神では生き残れない事業を請け負わされた彼等を責めないで!

行政の役割とは――。
住民では出来ない事業を社会の公器たる企業が担い、社会インフラの整備など一企業では出来ない公共事業を地方自治体が担い、国防等シビリアン・コントロールは国家レベルで担う。そのなか岡山市および岡山県は、企業だけでは出来ない公共交通事業を民間に丸投げしてきた今秋。イオンモール岡山の開業を契機に、不作為問題の表出は必至。なれば岡山市交通局のあり方を早急に、市民視点で考えましょう。

とはいえ公共交通に携わる民間事業者による群雄割拠(縄張り争い)問題を解決に導き、戦国バス時代を終息させなければ、岡山の公共交通の再生は絵空事。よって現状を整理・統合するためにも岡山市営、岡山県営による新しい公共交通機関が必要 !! 今秋。公共交通がらみの事故が起きた際、官による不作為の罪は軽くありませんから……。

岡山市民、県民のための公共交通の再生を切望します (^^)人。


岡山県知事さんと岡山市長さんにお願いしたいのは、世界に先駆け成長する都市おかやまの、BRT(Bus Rapid Transit)構想を含んだ地域の公共交通機関を担う新しいセクターの創設。そのためにも知事さんと市長さんの連携は必須で、今なお期待しています。

え゛っ…政令市の岡山市に、公営交通(交通局)がない !?…(汗)

ご提案 “ 岡山市交通局 ” の新設による再生
公共交通機関の再生(進化)がもたらす 8つのメリット
1. マイカーや自転車の街なか流入が減少し、交通渋滞は緩和する
2. マイカーやバイクの街なか流入が減少し、大気汚染は改善される
3. 通勤、通学。読書時間が増え、都市間競争力、生産性は上昇
4. 通勤、通学の帰り道。お買い物モチベーションは上昇、景気浮揚
5. カフェやバル。飲みニケーション機会が増え、飲食店も活気づく
6. 徒歩によるショッピングや飲食は、街なか回遊性と観光に寄与
7. 路面電車が地下鉄に変わると街は美しく健やかな進化を始める
8. 買い物難民の救済や、過疎化する地域の再興・活性化に不可欠

番外. 花の都。東京都の歩行者天国が現実の目標となり、楽しみ倍増
番外. 危険な軌道の撤去で、うらじゃおかやまマラソンなどの会場に
番外. 自転車の街なか流入減により、グチャグチャの駐輪状態は解消
番外. 高齢者のマイカー運転や学生の自転車通学が減り、交通事故は減少
岡山県内の公共交通機関の再生を目的に、おかやま公共交通再生特区を構想し、国家戦略特区として提案を試みる。というのも妙案かも^^。

地方創生総合戦略 “ エネルギーコスト対策 ” from 首相官邸.

観光特区を含む「世界が恋する桃太郎大通り」構想も宜しくお願いします。

( 2014年11月22日。岡山都市交通戦略に付随し下記、追記 )
おかやま都市交通戦略連携会議 ” このニュースに期待!


株式会社 東芝 : EVバスの実証運行
新たな時代の新たな公共交通

ちょっと今回のエントリーは長くなったので、頭の体操がてら、グーグル社による自動運転車を観てみましょう。ゴンドラ形状の試作車を眺める傍らで、社会の公共交通インフラもグローバルレベルで変化していく。そうした想像は、まったくもって難くありません^^。

公共交通インフラの充実は、街の未来の成長エンジンなのだから……。



ということで、ラストは提言を以って擱筆いたします。


おかやま都市ビジョン研究会 設立総会. 2014年5月25日

サイレント・マジョリティの声を反映するページ

おかやま都市ビジョン研究会 設立総会
おかやま都市ビジョン研究会
設立総会のご案内 〜

日時 : 2014年5月25日(日)
 13時30分〜15時30分

場所 : ピュアリティまきび
 岡山市北区下石井2-6-41

ゲスト : 樋渡啓祐 武雄市長
ご参考 : 著書『 沸騰! 図書館

対談 : 高井たかし


おかやまグランドデザイン考 」

岡山市が面白くなってきました。
先般、読み始めた著本『 第五の権力---Googleには見えている未来 』の冒頭を引用。
国家権力は立法・司法・行政、いわゆる三権で統治されている。それに加え、20世紀型の報道機関は、政府を監視する役割を担う「第四の権力」といわれた。 2025年、世界人口80億人のほとんどが、オンラインでつながる。誰もがインターネットへアクセスでき、誰もが世界中とつながり、自由に発言をし、革命を起こすパワーさえも手にできる。一見あたりまえのように思えるが、これはすごいことだ。これからの時代は、誰もがオンラインでつながることで、私たち1人ひとり、80億人全員が新しい権力、つまり「第五の権力」を握るかもしれない。 このような「デジタル新時代」を迎えた今、私たちは、市民は、国家は、そして世界は、どようのように変わっていくだろうか。

上述。脈々続いてきたリアル社会とインターネットが創出した新しい社会はグローバルレベルで融合し、こと、今秋。イオンモール岡山の開業を控えた岡山市の未来は、どれほど変わっていくのでしょう。閾値を超える、時代のクリティカルポイントを通過する。旧態依然としてきた岡山市が豹変を始める、歴史的な日として刻まれるかもしれないおかやま都市ビジョン研究会 設立総会の当日に、こうして立ち会えることに心から感謝いたします。

-------- おかやま市民が創る都市ビジョン
皆さま、こんにちは。本日は「おかやま都市ビジョン研究会」設立総会にご参加くださり、誠に有難うございます。わたしは先日開催の、おかやま都市ビジョン研究会「まちづくりワークショップ」に参加した、岡山市民の一人です。つけ加えますと、晴れの国とも呼ばれる岡山県に魅せられ、2006年。大阪府から岡山市に移住してきた岡山県民9年目の◯◯です。

あらためて山海の幸に恵まれた街で日々健やかに暮らすことができ、岡山市に対して感謝の想いでいっぱいです。そうして今、岡山市は大きく変わろうとしています。読売新聞さまの5月4日のWebニュース “ 岡山市移住サポート強化、転入増持続へ官民協設立 ” に読みますところ、岡山市においては先月4月30日。民間との協働による「岡山市移住・定住支援協議会」を設立。また、岡山市の魅力に早くから気づいていたイオングループは、2014年この秋。イオンモール岡山の開業に向けて準備中。あまねく環境変化と、街の成長余力を痛感するなか、岡山市の未来を変えていくのはイオンモール岡山ではなく、今ここにお集まりの皆さまと、健やかな将来を想い描く岡山市民が未来を変えていくのだと私は確信しています。

岡山市は今、変わろうとしています――。そこで新たな変化を遂げるなら、笑顔の絶えない健やかな街に変革したいと私は考え、おかやま都市ビジョン研究会に参加を表明。まちづくりの起点は、壮大な都市ビジョン。その都市ビジョンとは、夢とロマンに満ち溢れた将来像を描くこと。10年後、50年後、そして100年後。未来の世代が世界に誇れる岡山市でありますように (^^)人。 その目的において、この場に立ち会えることは光栄であり、健やかな地域の未来を願う岡山市民の一人として、市民の視点で描いた岡山市のグランドデザインを、皆さまと共有できれば嬉しく想います。そのとき、おかやま都市ビジョン研究会まちづくりワーキンググループのお手伝いができれば極めて幸い。何卒よろしくお願い申し上げます。

おかやま都市ビジョンを一緒に創りましょう! ありがとうございました !!
-------- おかやま市民が創る都市ビジョン ここまで

※ 本日は気概に満ちたご講演、ありがとうございます。
さっそくですが◯◯◯のまちづくり(都市ビジョンづくり)において、◯◯◯の将来像をアリアリ連想させる、短いキャッチフレーズ(理念)をご教示頂ければ有り難く想います。
※ おかやま都市ビジョンが目指すイメージ(お手本)として
フューチャーセッションズ ” 様のサイトへ、ご紹介リンクを設置しました。

※ 下記は原案
-------- ご報告スピーチ ここから
本日めでたく「おかやま都市ビジョン研究会」が設立される運びとなりましたことに、心よりお祝いを申し上げます。あわせて◯◯さんをはじめ、設立のためにご尽力されてきた関係者の皆様に対しまして敬意を表する次第です。わたくしは先日の、都市ビジョン研究会「まちづくりワークショップ」に参加させて頂きました岡山市民の◯◯です。

さて、昨今。岡山市は豹変を始めたように思えてなりません。中国山地を借景に、岡山市は瀬戸内海に望み、旭川・吉井川2本の一級河川は大地を潤し、晴れの国とも呼ばれる岡山の政令指定都市は、海の幸、山の幸に恵まれる。天然リソースの宝庫、岡山市は今、大きく変わろうとしています。その岡山市の魅力にいち早く気づいたイオングループは、2014年この秋。イオンモール岡山の開業に向けて準備中。私は、イオンモール岡山が岡山市を変えるのではなく、静かに変わり始めた岡山市が、イオンモール岡山を呼び込んだのだと信じています。もう一つ、嬉しい兆しは今ここ。おかやま都市ビジョン研究会にございます。

ここにお集まりくださった大勢の方々と、さらには人口5万人の町の図書館に、100万人を呼び込んだ武雄市の市長、樋渡啓祐様を今日、呼び込んだ岡山市。岡山市は企業のみならず、素敵な人々を呼び込み始めた、そんな実感を覚えずにはいられません。

豹変を始めた岡山市――。 いづれ大きく変わるなら、笑顔の絶えない健やかな街に変えたいと私は想い、おかやま都市ビジョン研究会に参加させて頂きました。まちづくりの起点は、壮大な都市ビジョン。その都市ビジョンとは、夢とロマンに満ち溢れた将来像を描くこと。10年後、50年後、そして100年後。世界に誇れる岡山市でありますように (^^)人。

その目的において、このような機会を授かったことは光栄であり、健やかな地域の未来を願う岡山市民の一人として、市民の視点で描いた岡山市のグランドデザインを、皆さまと共有できれば嬉しく想います。そのとき、おかやま都市ビジョン研究会まちづくりワーキンググループのお手伝いができれば極めて幸い。何卒よろしくお願い申し上げます。

あらためまして本日の設立総会。 おめでとうございます!
-------- ご報告スピーチ ここまで

図書館が街をデザインする
新刊 『 沸騰! 図書館 100万人が訪れた驚きのハコモノ


おかやま未来予想図。 健やかな将来に日付を!

おかやま都市ビジョン研究会サポートページ

市民の市民による未来のための街づくり

様々な場面で使われて、多彩な目的と概念から構成される “ まちづくり ”…。昨今、自称まちづくり専門家が増えに溢れて何が何やら……。そんな私も、その一人。なんですが、ただ一つ明確にしておくべきは、まちづくりは何のため?という目的部分。

私の答えは何時もそう。 〜 健やかな未来のために

と、上述。その活動を個人事業主としてマネタイズすることは余りに難しいので、現在はフリーターとして生計を立てながら健やかな岡山市の未来を描きたく鋭意、研究している次第。崇高な志と技を有す人と人とを繋ぐ “ Social Grapher ” を担い、地域や企業の成長を請け負う “ Growth Hacker ” に徹し、いわばプロジェクトを着実に遂行してゆく “ Aggregator ” に姿を変えて、地域の豊かな将来を担保すべく努めて参ります。


下記は “ 新しい公共 ” のなかで紹介される『京都市未来まちづくり100人委員会』さんの広報動画。同じく政令市 岡山市にとって学びの宝庫とも。ありがとうございます m(__)m




岡山のグロースハッカー( Growth Hacker )として

成長請負人 Growth Hack について考えるページ

後楽園の外周の桜。 2012.4.10
時間を地域に投資する妙味

北の大地に生を授かり19で上京、進学を経て電機メーカーに就職。首都圏の大市場にて規模の経済を10年かけて想い知る。そのあとの異動により近畿圏に暮らすこと14年。

大阪日本橋界隈の販社で叩かれ艱難辛苦を通して鍛えられ、浪速のあきんど魂をインストール頂くとともに、ギルドの概念を追体験。その後、製造事業所を拠点に、全国主要都市を駆け巡ること8年。系列販社や家電量販店、大手商社や通信キャリアほか多様なお取引先との協業を通して国内マーケットの成長可能性を予見するチカラを磨き、お陰様を以って投資元本が10数倍に膨らんだマイ・ポートフォリオをキャッシュ・ポジションに戻して退職。岡山市内の不動産に投資を実行し、2006年に移住。即ち私の人生の投資先は、岡山県ということ。

そう。いま私が考えるグロースハックとは、地域貢献。大市場で培ったマーケティング実務(知見)を活かして、マーケターとして地域の健やかな成長に貢献すること。


街なかの賑わい、地域の成長。勝手請負人

先般、興味深いコラム “ グロースハックとは、結局コミットメントの話なのだ ” を拝読。こと、「商品やサービスの告知を請け負うときでも、これまでのリーチ至上の発想ではなく、エンゲージメント発想に変わりました」の記述は嬉しい共感。それは例えば岡山市による “ 伝説の岡山市 ” や岡山県による “ 晴れの国おかやま 県民募集/8092人移住プロジェクト ” 等の幾多の残念な企画に重なるもので、費用対効果についても時間軸にみる成長曲線においても、ご提言差し上げたいことは山々ながら、申し出たところでノイズとして処理されるのがオチ。

なればこそ、じっくり時間をかけてプロトタイプ複数を涵養中。ひとつは、
ほとんどコストをかけずに地域の魅力を配信しながら地道に成長中。

ついでに、もう一つ。健やかな街の未来を想い描いた、
ムーブメントを巻き起こしたく Growth Hacker は、匍匐前進しています。

社会の成長を請け負うグロースハッカー。皆さまの描くグロースハックとは (=^・・^=)!?



サーチ & ソーシャル・ボタン

カテゴリー・プルダウン
ページ・ビュー数 速報

    スポンサード・リンク ほか
    Social Media / SunVerdir
    Blog パーツほか
    岡山人ブログ|岡山のステキなブログが満載
    月別コンテンツ一覧
    • ライブドアブログ
    ハッピーポータル ソーシャル起業、スタートアップ。健やかな未来のビジネス・アイデアも。