岡山の太巻きが最高に旨い理由(わけ)を考えるページ

麗食 岡山の丸かぶり寿し(恵方巻き)
何故これほどまでに岡山の太巻きは旨いのか?

それは「岡山ばら寿司」に由来するはずだ……。

(この仮説は節分に際し、それぞれ別の3店舗で購入したごく普通の恵方巻きが絶品であったことに端を発します)

そもそも岡山というところ。 澄んだ空気と透き通る水、美しい瀬戸内がもたらす海の幸と、蒜山が育む山の幸。

恵みの大地が運んでくれる素晴らしい食材に溢れる土地柄だから、何を食べても美味しいのは当たり前だの恵方巻き!?

にもかかわず、バラ寿司なる具材ひとつに時間と手間をかけた凄いご馳走をこしらえ、お客をもてなす岡山の鮨屋さん。

都会では、それをちらし寿司と呼ぶ人もいるし、実際、生まれが北海道の私など、「鮨は生に限る」と思い込んでいた。

ところがだ。 麗食 岡山の極上の食材を丹念に味付けし、すし飯の中で調和させた福寿司の備前ばらずしは別物だ。


そんな福寿司の太巻き(恵方巻き)は、至高のかぶり寿しと説明するまでもなく。 干瓢(かんぴょう)の旨さは絶句モノ♪

こうして福寿司に習った名店ひしめく岡山だから、どのお寿司屋の太巻きを食べても美味しいのは当たり前。

むろん生寿司の場合、並を上寿司と間違えてしまうかも……。 (岡山の備前ばらずし (岡山文庫 (160)) by Amazon.)

さて本題。 何故これほどまでに岡山の太巻きは旨いのか? それは岡山バラ寿司が鍛え上げた具材が旨いから。

それは凄いご馳走「岡山ばら寿司」に由来していた訳だ(喜)。 よって節分の、仮説の検証は無事に完了の運びへと。

もうひとつオマケに、

岡山の寿司屋が旨い分け。 それは瀬戸内海の新鮮極上魚介はもとより、先代より受け継がれてゆく職人さんの技とみた(嬉)。

[ 動画共有サイト YouTube の「おはよん」より、今年2008年の恵方はナント「南南東」!? 注)音が出ます♪ ]