ハッピーポータル

幸せへの物語を綴る前向きな日乗(時々)

岡山市長選挙

コストセンターから、持続可能なプロフィットセンターへ。PPP、PFI 活用による、ソフトボール岡山スタジアム構想

スマート・ベニュー おかやま提案のページ

岡山西部総合公園(岡山操車場跡地)整備事業
ソフトボールの聖地おかやま構想

先般2017年3月18日(土)。第35回おかやま都市ビジョン研究会において、「躍動する岡山 世界初のスタジアム 〜 世界初ソフトボール専用球場 〜」と題されたプレゼンテーションが秀逸でしたので、実現に向けて熟考しばし。

その事業構想の概要は、ソフトボールが盛んな岡山県の岡山市にソフトボール専用スタジアムを新設し、国内のみならずソフトボールの世界的なメッカにしよう、という内容。ちなみに岡山県ソフトボール協会様のホームページで紹介されているように、岡山県下の少年少女のソフトボールチームはもとより環太平洋大学ソフトボール部など中学・高校・大学をはじめ、実業団では平林金属様のソフトボールチーム部に至るまで岡山県のソフトボールは盛んであり、もちろん全国屈指の強豪チーム揃い。その県都である岡山市において、ソフトボール専用スタジアムを市民公園内に新設しようという気運の高まりは、自然の摂理とも言えそうです。

※ 本構想のコア・コンピタンスと、目的
1. 岡山県はソフトボールが盛んなスポーツ好適地晴れの国おかやま ” である
2. 岡山県の県都である岡山市には全国大会、世界大会を支える宿泊施設がある
3. 税を費やす施設ではなく収益性の高い持続可能な未来志向の公共施設を創る

将に今。岡山市は “ 岡山西部総合公園整備事業 ” という名のコストセンター造りを進めているので、民間の知恵とノウハウを採り入れるPPPの一つのPFIを活用し、フットサル3x3など他のスポーツや野外フェス・音楽フェスの会場をも兼ねる、高い収益性が見込める客席数1万規模の程よいサイズのスタジアムの新設が急がれる。そうすることでコストセンターをプロフィットセンターに創り変え、サスティナブルな公園を整備することは可能になるのです。

※ 下記は、5月24日。平木様のプレゼンテーション資料(進化版)

※ 下記は、3月18日。平木様のプレゼンテーション資料(試作版)


構想実現のためのコンソーシアムとは

ideas worth spreading. 新規事業を構想し、アイデアを拡げるまではOKとして、実現に向けて何をする? 私は迷うことなく、精強なコンソーシアムの結成を提案いたします。

急ぎ、協業をお願いしたいパートナー様および、資料は下記。

1. 日本政策投資銀行 地域企画部 様
 a) スポーツを核とした街づくりを担う「スマート・ベニューR」
 b) 2020年を契機とした国内スポーツ産業の発展可能性および企業によるスポーツ支援
 c) スポーツ施設への民間活力導入について

2. 首相官邸 様、文部科学省スポーツ庁
 a) 総理の一日 > 平成29年3月24日 未来投資会議
 b) 安倍首相の下、進められる「未来」スタジアム構想、広島での第一歩
 c) スポーツ施設におけるコンセッション導入について

3. 岡山市 財政局財産活用マネジメント推進課 様、都市整備局庭園都市推進課
  および、岡山市 市民生活局スポーツ振興課 様、岡山県体育協会
 a) 岡山市の公共施設等マネジメントについて
 b) 岡山西部総合公園(仮称)の基本設計について
 c) 岡山市スポーツ推進審議会について

こと、PPP後進地の岡山市で早晩、スマート・ベニューのロールモデルを創出する意味においても今回の、ソフトボールの聖地おかやま構想の実現は待たれるところ。今年2017年は岡山市長選挙の年であることから、政策上の一つの争点に発展する場合もありそうです。

よりよい岡山市づくりを標榜し、岡山の県民・市民の公共の利益を長期的に最大化することはもとより、遍く本事業に尽力くださるステークホルダー様の利益についても誠実に説明し、熟慮を続けて参りますので、お力添えのほど何卒よろしくお願い申し上げます。

2013年。岡山市長選挙 投票率 33.34% は、過去最低…。 組織票が生み出す市民の諦め、絶望の将来。

岡山市の未来に、一縷の望みを探す試み

岡山市民の選挙投票の啓発は急務!
万歳三唱の人々と、溜め息の街角

2013年10月6日(日)。素晴らしい秋晴れのなか岡山市長選挙が実施され、その翌日 10月7日(月)。岡山市の地域力を露呈する、とても悲しいニュースが全国へ配信されることになりました。

過去最低を更新 “ 岡山市長選投票率 33.34 %

この数字が全国に向けて発信しているのは、理由はどうであれ「岡山市民は3人に1人しか選挙に行きません」という事実。

しかも岡山市長選挙 投票率 33.34% という危機的状況をよそ目に、対峙するはずの政党までもが相乗りし、組織票を固め、推薦・応援した候補者が当選したからといって満面の笑顔で万歳三唱している議員さんや有識者と思しき人々の姿を見つめ、恥ずかしい気持ちになりました。中央の有識者はもとより都会の若者たちにも嗤われ、奇っ怪な岡山市の民度は疑われているものと推察。 田我流さんの『選挙に行こう』の歌詞を引用します。
ちょっとオマエ選挙どうすんの? あすこの何々さんウチに仕事くれるからオマエあの党に一票。地方によくあるコレは組織票。ちょっと待って少し考えて…

そろそろ投票率上げましょう!と歌う、田我流さんの『選挙に行こう』。
考えずに入れたソノ一票。未来の人たち苦しめるかも。キラキラ輝く子どもの未来、影らしちゃイケナイ大人の責任。もっとチャンと考えて…


過去最低の投票率を排出した様々な理由

ハナマルをあげたくなる優等生の説に、2013年 岡山市長選挙は「候補者5名が各々異なるマニフェストを掲げたため、市民は論点を絞れず選挙戦は盛り上がらず、投票に行かなかった(投票率は低下した)」。そんな内容を拝読したのですが、まさに噴飯。それは御用学者を擁する御用メディアによる、まやかし。 歯に衣着せずに申し上げるなら、旧態依然とした岡山市の社会構造は閉塞感に塗れており、既得権益分配目的の組織票に支配されるのだから「誰が市長になっても岡山市は変わらんよ。選挙に行くだけムダ」という市民の諦めこそ、過去最悪の投票率を叩き出した最大の要因。そのように推察いたします。

※ 争点がぶつかる具体策は集票率(≒ 支持率)10%前半の新市長に、そもそもなかった…

その状況を打開しようと急遽出馬した若き辣腕のリーダーは、具体策を掲げて凄まじい健闘をみせたものの得票数 2位と及ばず落選。これは “ 組織票により、頑張る人が報われない、デキる人財を浪人させる街おかやま ” を露呈したとも言えましょうか…。岡山市の危機的状況にダメを押す顛末とも。 田我流さんの『選挙に行こう』をお借りして岡山市仕様にカスタマイズするなら、岡山ぶっちゃけ かなりヤバイ…(((( ´,,_ゝ`)))) ププッ プルプルッ

それでも私は岡山を愛しています。若い世代が活躍できる、頑張る人々が報われる。夢と希望を描ける健やかな岡山市の未来に祈りを込めて、ここに記します。




サーチ & ソーシャル・ボタン

カテゴリー・プルダウン
ページ・ビュー数 速報

    スポンサード・リンク ほか
    Social Media / SunVerdir
    Blog パーツほか
    岡山人ブログ|岡山のステキなブログが満載
    月別コンテンツ一覧
    • ライブドアブログ
    ハッピーポータル ソーシャル起業、スタートアップ。健やかな未来のビジネス・アイデアも。