ハッピーポータル

幸せへの物語を綴る前向きな日乗(時々)

岡山後楽園

岡山城 〜 後楽園エリア。 国家戦略特区(観光特区)考

おかやま成長戦略をサポートするページ

内山下スクエア 屋上テラス
おかやま観光特区という戦略特区 」

2013年6月24日(月)日経朝刊 31面 特集欄 “ 戦略特区、外資を誘致 インフラ、民間に開放 ” 記事に呼応し、先般のエントリー “ おかやま観光特区 構想。 岡山城〜後楽園の地域再生 ☆彡 ” を現実のものに近づけるべく補足として、本日、急ぎエントリー。

ついでに首相官邸「地域活性化統合本部会合」ページをお読み願えれば、『岡山県政への提言』ページにおいて岡山城と後楽園の付近一帯を観光(構造改革)特区にしてはどうかと、なぜ私は提言しているのか、直観的に ご理解頂けるものと想います ^^。

現状、岡山市が岡山城を運営し、岡山後楽園を岡山県が運営。観光PRを担う部門は、複数存在。それら多重行政により浪費されるオペレーションコストと非効率の問題は深刻で、従い、岡山後楽園の入園者の減少傾向に歯止めがかからないという結果の放置による被害は甚大。抜本的改革が急務とはいえ、既得権益に纏わる様々な障害の想像は難くなく、ましてや民間の新規事業者が参入し、岡山城と後楽園の付近一帯が健やかに再生される。というのは、百年河清を俟つようなもの。そうした大人の事情に配慮するとき、戦略特区は、恵みの雨

地域ぐるみで長きに渡り放置してきた難題の解決に際し、あらゆるシガラミを断ち切り、エイヤッと改革を断行するなら、中央(外部)のチカラが必須(たとえ理不尽であっても)。このたびの国家戦略特区の特徴は、成長意欲の高い自治体を募り、官邸主導で地域を選定。規制緩和を進める点。予算のついた甘い事業に群がる議員さんは大勢いらしても、こうした得にはならない、むしろ個人的に損する構造改革には知らんぷり。というのが世の常。なのだから、自治体の中でも心ある方々は、国家戦略特区の誘致に働きかけ、旧態依然の地域(エリア)を一気呵成に改革してしまっては、いかがでしょうか。 岡山城と後楽園の付近一帯を健やかに再生するためには PFI(Private Finance Initiative)や、コンセッション方式の採択が望ましい。

そうすることで、東京・日本橋を再生した三井不動産や、東京・丸の内の三菱地所を呼び込み、岡山城と後楽園の付近一帯が健やかに再生されるとともに、資生堂パーラーをお誘いし、金毘羅さんの “ 神椿 ” の姉妹店として岡山城には “ 城椿〔提案仮称〕” を、後楽園には “ 庭椿〔提案仮称〕” を新設。というのが私の目論見。むろん目的は、地方の未来が豊かであること。その為には世界と競い、都会で洗練された企業群の地域参入が何としても急がれる。 岡山城と後楽園が美しく蘇り、さらに世界中のスイーツ女子が訪ねてくださる魅力的な観光地になるならば、新たに雇用は生み出され、都会の接客技術(おもてなしの心)に磨かれ鍛えられ、岡山市は自ずと賑わいを創出できるグローバル都市へと進化することも可能だと存じます。

世界中から技術、人材、資金を集める都市を創りたい(総理)――。 私もそう、想います。


庭園インスタレーション、後楽園の「芝焼き」アート…。

日本庭園。空間アート提案のページ
庭園インスタレーション

芝焼きインスタレーション

鑑賞者は空間全体を「体験」する。空間全体が作品である現代美術における表現手法・ジャンルの一つ、インスタレーション (Installation art : Wikipediaより) 。

日本三名園の一つ。特別名勝 後楽園の風趣な催し “ 芝焼き ” の翌日、2013年2月9日(土)見学にお訪ね。後楽園の借景、漆黒の名城「烏城(うじょう : 岡山城の地元の呼称)」を、黒の絨毯(じゅうたん : 焼けた芝生)が引き締める。見事な早春のコーディネートを堪能。

備前の名城と、黒に豹変した日本庭園のマッチング。これぞ自然と歴史が織り成す、ナチュラル・アートの一つ。ひょっとすると、これはインスタレーションの起源ではなかろうか…。 と、思わず「庭園(芝焼き)インスタレーション」と名づけたくなりました ^^。

というのもニュース『後楽園入園者増へ中間提言書 魅力向上委が知事に提出』に読むように、歴史に育まれた素晴らしい日本庭園でさえ、その魅せ方やプロモーション施策が時代に そぐわなければ年を追うごとに来園者数を減少させてしまうもの(涙)。



何かよい方法はないか…と、Facebookページ あいらぶ岡山で応援しても、なかなか難しい。そんな折、山本基氏の、塩を素材に用いたインスタレーション作品展 “ たゆたう庭 ” にヒントを得て急ぎ YouTube検索し、下記、石舞台古墳 「霧のインスタレーション」に邂逅。



岡山後楽園を運営される皆さま、いかがでしょうか…。例えば「芝焼き」などの歴史の歳時にアート感覚を加えることで、多くのお客さまのご来園を促せる、ステキな催しになると想いませんか? 地域を勝手応援する(お節介)者から、慎んでご提案いたします(=^・^=)。

新たな芸術。『 庭園(芝焼き)インスタレーション 』を……。

芝焼き @ 岡山後楽園。 いかに記憶に刻もうか!? 2009.2.9

観光プロモーションの秘訣を伝えるページ

後楽園の風物詩、『芝焼き』と、石灯籠。 2009.2.9
「 広報の最大の敵は、忘却 」

1日後には、74%を忘却し、26%を覚えていた(Wikipedia、忘却曲線より引用)。

人間が健康に暮らせるのは、忘却という機能があるからだ。 そんな言説を、何度も聞いた。 お陰様で私は、とても健康だ。 もとい。 プロモーション業に携わる私は、常々、市場の忘却と奮闘することになる。

どれほど高額な広告も、認知されなければ、存在しないも同じこと。 どんなに渋いキャッチでも、忘却されれば、やはり、存在しないも同じこと。

世界に向けて、どう正確に刻むのか、それが問題だ。

[ ラーメンとイベント情報は、冷めないうちに。 ]


( 上記は、普段使いのデジタルカメラ〔EX-Z300〕のムービー機能で撮影、無料が有り難い、ロイロスコープで編集し、YouTubeに投稿した動画。 )

後楽園の風物詩、『芝焼き』と、岡山城。 2009.2.9
「 観光戦略は、スピード&キーワード 」

NHKオンデマンドやフジテレビOnDemandを除けば、再度、TV番組を観るのは、極めて困難。

影響が強いとされるTVメディアによるイベント紹介を、Web社会に生きる人々がたまたま視聴し、興味を覚えた時、一斉にキーワード検索が始まるという。 人気番組“はなまるマーケット”に出演したゲストが、検索キーワードの上位に躍り出る。

同様に、TVや雑誌で興味をそそられた観光客候補は、キーワード検索を一斉に始める。 その時、観光客候補が情報を手に入れ晴れて観光客になるのかどうか、情報を提供する側のスピードと、検索用のキーワードが成否の鍵となる。

さぁ、まもなくオンエアされる岡山後楽園の『芝焼き』ニュース。

検索始める観光客予備軍に、懇切丁寧な情報をお届けできるか、観光立県としてのホスピタリティが問われる今。 急ぎ、動画をUpした。 観光プロモーションのロールモデルをお示ししようと意識して(早春の風物詩のページ)。

芝焼きの記憶を、忘れることなく、世界に刻みたい。

幻想庭園は、ミシュラン旅行ガイド、三ツ星の岡山後楽園。

夜間特別開園、幻想庭園の点灯式を記録するページ

雨谷麻世(あまがい まよ)さん on 沢の池 2008.7.29「 夕暮れのカウントダウン 」

2008年7月29日(火)19時25分、白砂青松の砂利島(じゃりじま)より一艘の舟が滑り出す。

聖母マリアのクリスタル ヴォイスの異名を持つ、雨谷麻世さんの クラシカル クロス オーバー ソプラノ が沢の池に反響す。

30分前の夕立は遠のき、たそがれ、舞台は整った。

岡山後楽園の幻想庭園、点灯式の瞬間 2008.7.29「 まばゆい炎に照らされて 」

ミシュラン日本観光ガイドで三ツ星評価と、嬉しい話題を絡めた岡山県 石井知事のご挨拶まもなく。

日本三名園のひとつ、岡山後楽園の夜間特別開園、幻想庭園に火を点すスイッチは一斉押下、真紅の光を放つ火柱が凄かった。

庭園ビア・ガーデンに気が散る中、良く撮れた(嬉)。

点灯式、砂利島より舞い上がる鶴形風船 2008.7.29「 折鶴のような風船も…… 」

水面(みなも)に映される日本名園の庭園美。 それをプロデュースする沢の池(さわのいけ)。

配された中の島と御野島と砂利島が、和の情景を醸し出す。 ミシュランガイドの三ツ星評価に及ぼした影響は、計り知れない。

砂利島の白砂青松、静かに舞い上がる鶴形風船。

沢の池の釣殿、唯心山に垣間見る岡山城 2008.7.29「 エコにも配慮して 」

今年の光源は、投光器3基、ロウソク100本、LED(発光ダイオード)4100個。 明るさ前年比、3割減という感じ。

とはいうものの、けして悪くない。 悠久の庭園情緒を懐古するとき、むしろ、エキゾチックでロマンティックな想い込みも愉しめる。

夜のお庭遊びを創造するなら、相応に暗いほうがいい。

さてさて、肝心要のご連絡。 岡山後楽園、幻想庭園の開催期間は、2008年7月29日-8月17日と、2008年8月20日-8月31日とのこと。

音楽ステージ、狂言、お茶会、投扇興に庭園ビアガーデンと、楽しいイベント盛りだくさん。 夏の夜の歳時記を、三ツ星の後楽園で綴りましょう!!

( ブログ『幸せへの一歩』の、幻想庭園2008 も宜しければ! )

太鼓田植え、お田植え祭。 @ 岡山後楽園 2008.7.6

岡山後楽園の農事祭を記録するページ

岡山後楽園の井田にて「お田植え祭」 2008.7.6「 日本庭園の風雅な お田植え 」

(画像は2008年7月6日(日)岡山後楽園の井田(せいでん)で催された、お田植え祭の様子)

瀬戸内海の新鮮魚介に、肥沃な土壌に育つ野菜とフルーツ。 母なる山地が育む卵や肉と、いわば岡山県は食材の桃源郷。

しかも米の名産地。 桃やブドウのように有名ではないけれど、ヒメノモチ(餅米)や雄町(酒米)をはじめ、押しも押されぬ米どころ。

そんな岡山の伝統行事、太鼓田植えを、日本三名園の岡山後楽園で見学できるから有難く。 今年も忘れず、行って参りました(喜)。

[ YouTubeの お田植え、クレヨンしんちゃん♪ ]


クレしんの連載開始は18年前(1990年)と、時の早さに翻弄されつつ、お譲ちゃん早乙女に合わせてクレヨンしんちゃんを迷わずチョイス。 

哲西町はやし田植保存会の早乙女 @ 岡山後楽園「 小さな早乙女、スター誕生か!? 」

今年のお田植え祭の目玉は、岡山県新見市 哲西町はやし田植保存会のあどけないスーパーモデル。

お人形さんのようで お孫さんのような!?早乙女は、手植えに励む先輩早乙女に負けることなく、いぶし銀のフォトグラファーを釘付けに。

緑の風雅な情景を背に「こっち向いて!」、「笑って!!」などなど注文殺到。 猛暑の中、モデルさんもカメラマンさんも、お疲れ様でした(讃)。

※ 哲西町はやし田植保存会(午前の部)と、神代郷土民謡保存会(午後の部)の太鼓田植が今年、岡山県指定重要無形民俗文化財に指定され(祝)。

 おめでとうございます!!

ミシュラン観光ガイド、岡山県に三ツ星あり。

ぶらり歩けば発見のある街、岡山のページ

綾戸智絵さん 10thツアートラック まいど号 2008.6.6「 まいど!! 」

画像は2008年6月6日、CHIE AYADO Tour2008 10th の機材運搬車、岡山シンフォニーホール搬入口にて。

この日は波乱万丈のジャズシンガー、綾戸智恵(あやどちえ)氏の岡山ライブ。 まいど!おおきにーと、関西トークは今夜も炸裂!?

(今なお、間違えてしまう綾戸さんのお名前。 教えて!goo、上戸彩は綾戸智絵のパロディーですか? を読み、妙にホッとしてみたり)

そうは見られないミュージシャンのツアートラックに喜ぶも、ライブツアーは今回で休止とか。 行けば良かったと口惜しく、トホホ(涙)。

コンサートの詳細は、綾戸智恵デビュー10周年記念ツアー公式サイト

[ 迫力の歌唱力で歌い上げられた、感涙にむせぶ名曲をYouTubeからピックアップ! マイどウェイ!? 注) 大き目の音が出ます♪ ]


綾戸さんといえばテネシーワルツ。 もう一人、柳ジョージ氏の渋いテネシーワルツと、高校の頃の下手なバンドを思い出し……(懐)。

岡山後楽園 丹頂(ツル)の卵 2008.6.8「 ミシュラン・ボワイヤジェ・プラティック・ジャポン 」

(画像は2008年6月8日、岡山後楽園の丹頂たち。 手前に卵が2つ、見えますでしょうか)

発見のある街、岡山。 まいど!!、と記す群青のツアートラックも珍しければ、ツルの卵も、たぐい稀なる発見と思われる。

しかも岡山後楽園は、ミシュラン旅行ガイド(ミシュラン ボワイヤジェ プラティック ジャポン)2007年版にて選ばれし三ツ星観光地。

(ブログ『いよいよおじさんの雑記帳』、ミシュラン旅行ガイドで「岡山後楽園」が三つ星を獲得 のページで詳しく紹介されています)

ミシュラン地元のフランスはじめ、ミシュランガイドの影響が及ぶ欧米からの観光客が続々、後楽園へ押し寄せているという情報も。

ぶらり歩けば発見のある街、岡山にて、あなたの三ツ星とマイウェイの発見を!! やや窮屈な編集と反省しつつ、この稿を脱します(笑)。

( 園内行事の様子はマイブログ 「後楽園」アルバム にて! )

躑躅燃ゆ、後楽園。 休息ゴールデンな憩いの岡山へ

黄金週間向けエコ旅行を提案するページ

躑躅(つつじ)燃ゆ、岡山後楽園 2008.4.29
「 躑躅(つつじ)燃ゆ 」

つい ふた月前、来訪者を雪化粧で魅了した岡山後楽園。

それも晩春から初夏に向かう今、ツツジが色づきはじめた唯心山(ゆいしんざん)がまたも、来園者を釘付けにしています。

都会のスピード感に溢れた時間の流れと、この空間に流れるそれを比較するなら、止まっているとの表現が正解かもしれません。

時間よ止まれ、思わず永ちゃんソングを口ずさみ……(懐)。

[ 庭園ファンのYouTube投稿が増え、楽しさ倍増(嬉)。 BGMは野鳥の鳴き声、そんな趣のある岡山後楽園の希少な映像を拝借♪ ]


※ 珍しい 岡山後楽園の雪化粧。 今年はなんと、鑑賞機会が2度もあり。 この映像は2回目、恐らく2008年2月24日のものかと(興)。

唯心堂よりレンゲ畑を望む 2008.4.21
「 蓮華(れんげ)燃ゆ 」

後楽園の正門より進み、沢の池 越しに観る岡山城の左手に、こんもりと築かれた唯心山。

麓にはツツジやサツキが植え込まれた石組み、その少し上、見晴らしの良い唯心堂より眺める レンゲ畑と挙式 の様子。

岡山の大名庭園で、殿様の憩いを体験してみませんか? 1日中、どれだけ散策しても大人1名様350円に追加はございません。

胸躍るゴールデンウィーク。 楽しいイベントを山ほど用意して、のどかなる岡山後楽園のecoツアーが貴方をお待ちしています!?

サーチ & ソーシャル・ボタン

カテゴリー・プルダウン
ページ・ビュー数 速報

    スポンサード・リンク ほか
    Social Media / SunVerdir
    Blog パーツほか
    岡山人ブログ|岡山のステキなブログが満載
    月別コンテンツ一覧
    • ライブドアブログ
    ハッピーポータル ソーシャル起業、スタートアップ。健やかな未来のビジネス・アイデアも。