ハッピーポータル

幸せへの物語を綴る前向きな日乗(時々)

記念日

地方創生、記念日のチカラ。 セレンディピティを生みだす岡山の記念ホール “ Junko Fukutake Hall ”

記念日文化について研究するページ

セレンディピティを生みだす場 “ Junko Fukutake Hall ”セレンディピティを生みだす場

2013年11月。人と人との素晴らしい出会いを意味する “ セレンディピティ ” を銘板に刻み、“ Junko Fukutake Hall ” はオープン。岡山の資産がまた一つ、増えました。

「地域に根ざし、学内外の人々が親しみと誇りを持てるような大学」。それが岡山大学のあるべき姿のひとつです。Junko Fukutake Hallは、まさにそれを象徴する建物となっています――。コンセプトページに記されたメッセージと、あらためて同ホールの銘板に刻まれた言葉、「合理的で寛容でボーダレスな出会いの場」「自由で愉快なコミュニケーションを誘発する場」「セレンディピティを生み出す場」に接し、岡山に暮らせることの誇りは高揚するばかり。

【 セレンディピティ市おかやま 】多様な文化を相互に理解し、異なる価値観を認め合う、多彩な人々による創発の場づくりが大事。真の地方創生は、ここから始まる。 下記は、Junko Fukutake Hallの銘板に刻まれた珠玉の文言☆彡...

Posted by 菅野 敦也 on 2015年4月9日


そのような未来思考の珠玉の場の創出に尽力くださった方々に、感謝の念に堪えません。この場をいかに有効に、価値ある場として利用できるかは、私たち地域住民の恩返し。一方、セレンディピティを生みだす場というフレーズが素適である傍ら、まだまだ地域では認識されていないのも実状。よって今、セレンディピティをどのように伝えるか、様々試行錯誤ちう。そんな折ありがたい味方は、JR西日本のキャンペーン。東京発の関西ツアーをお借りして、“ 素敵な偶然に会いに行きませんか。エクスプレスで岡山へ ” と、便乗してみたり ^^。



「 セレンディピティを生みだす 記念日文化研究所

まっこと手前味噌ながら、わたくし自称、セレンディピティの達人。よく言えばそうだし、わるく言えば、転んでもタダでは起きない強か者。ある時は道産子で、ある時は江戸っ子に化け、実はガッツリ関西ナイズされている、ギルド的トレーダー(なんだ、そりゃぁ…)。

手っ取り早く申しますと、場の空気を読む面倒なことはしないが、その場が近い将来どのように変化していくかの予想はイケている。なのでフッと猫のように消えることあらば、犬のように辺りをウロウロすることも。ことサイバー空間を彷徨き、セレンディピティの発現しばしば。ついこの3月も、記念日文化の研究に際し、幸せな出来事に遭遇してみたり。不易流行、無用の用。私の生き様そのもの、セレンディピティと密接な関わり合いがある模様…(ノ´∀`*)



地方創生。記念日のチカラ

昨日、記念日文化研究に関する寄稿を完遂。様々幾多のプロジェクトを同時多発的に走らせていることから、この3月は本当にヘビーデューティに満ちた一ヶ月でした。そのなか有難かったのは、期待した以上のリターン数。それは地方自治体制定の、記念日に価する情報をダーッと調べ上げ、一覧にまとめ、コメント欄を設けて47都道府県の広報(公報)関連部署へお伺いメールを一斉送信。むろん受信され、ご対応くださる方々のニーズを想定し、ご協力モチベーションの高まるキーワードを盛り込み、ご依頼文を作成。そこから約2週間。想定を遥かに超える34道府県のご担当者様から、メールや電話でご教示を頂くことができました。

ことさら嬉しかったのは、完成した一覧を送付して欲しい旨、複数の自治体ご担当者さまからリクエストを授かったこと。今の社会背景には「地方創生」が生みだす都市間競争の激化があり、他の自治体の動きに対する関心の高まりを予感。先ほど御礼メールを返信し、pdf.ファイルをご提出。記念日のチカラを地方創生に活かそうと考える、自治体のお役に立てれば嬉しく想います。さらに広く社会で共有できればと考え、下記。スライドシェアした次第です。


文化というものは、あまねく散らばっている記憶が記録され、時代のなかで継承されて醸成されるもの。昔は言語を以って語り継がれ、活版印刷が発明されてからは書物で継承され、ここ最近は、Webサーバに蓄えられて伝播されていく。サイバー空間が文化のインキュベータになるエキサイティングな世界。今ここ、ソーシャル・プラットフォームにおいて公開するクリエイティブが、少し先の未来のための、某かの貢献に価すると考えれば至極幸い。

とても幸せなことだと存じます。 岡山に暮らすセレンディピティの達人^^。

--------------------- 御礼の文面ここから

この一覧表の作成にあたり、試作版(3月8日)にコメント欄を設置し、お伺いメールを47の都道府県(地方自治体)に送付。ご回答に基づき、第1版(3月28日)を作成。ご対応につきまして、この場を借りて御礼申し上げます。 ありがとうございます。

記念日文化研究所 上席客員研究員 菅野敦也


おかやまNo1プロジェクト。 記念日で、日本一!!

地域ブランドNo1戦略を立案するページ

加瀬先生と中野先生。 @ 岡山後楽園 2009.2.1
「 記念日プロモーション 」

2月29日、4年に一度の閏年の閏日(うるうび)でない限り、記念日は、毎年、必ずやって来る。

日本記念日協会 代表のご来岡に際し、早速、『おかやまの日』と名づけたい。 これにて、加瀬先生中野先生との大切な邂逅を忘れまい。 後世に伝わる、記憶と記録の活用をアドバイスする智恵の組織は、日本記念日協会

地域活性化を目論む、貴重な機会を授かることに。

[ YouTubeより、おかやま国際音楽祭2008ステージを飾ったアイドルグループ “メロン記念日(公式ブログ)”。 わぉっ、パワフル〜 ]


( プロデューサー つんく氏は、メンバーの個性にマスク、プリンスほか、メロンのイメージを重ね、出会いの日を大切にと願い、メロン記念日としたそうな )

加瀬清志先生と ばらずし(福寿司)と菅野。 2009.2.1
「 師よりヒントを得て、迷案噴出!? 」

以下、菅野の思いつき。 失笑を怖れず記録。

1. 2月1日、日本記念日協会 加瀬先生のご来岡を契機に、『岡山の日』。 地域ブランド“人気1番”や、“日本一”の語呂合わせより、2と1。  2. 2月3日、『新見(市)の日』。 新(にい)2と、見(み)3。  3. 9月4日、『くらしき(市)の日』。 倉9と、敷4。  4. 1月18日、『インプラントの日』。 語呂合わせは、いい歯より、1と1と8。  5. 5月19日、『銘木の日』。 語呂合わせは、May=5月、ぼく≒19より。  6. 6月22日、フルーツカービングの日(6月21日)とコラボして、『フルーツパフェの日』をセットする。 果物の季節イメージが夏至に近いことと、フルーツのツ≒2より。  7. 6月24日、『ばらずしの日』。 語呂合わせは、バラ=ローズより6月、寿司≒ツーシーより、24。

以上、瑣末な語呂合わせで、岡山の観光人気を日本一にできれば、苦労なく……。 加瀬先生、今後ともご指導のほど、宜しくお願い申し上げます!!

サーチ & ソーシャル・ボタン

カテゴリー・プルダウン
ページ・ビュー数 速報

    スポンサード・リンク ほか
    Social Media / SunVerdir
    Blog パーツほか
    岡山人ブログ|岡山のステキなブログが満載
    月別コンテンツ一覧
    • ライブドアブログ
    ハッピーポータル ソーシャル起業、スタートアップ。健やかな未来のビジネス・アイデアも。